2018年 07月 19日 ( 1 )

【起業について】「社長」というもの


「社長」って、学校なんかで学ばなくてもなれちゃうもの。
ある日「そうだ社長になろう」って、ちょっと書類を書いて会社を作れば、もうその日から「社長!」と呼ばれる。
銀行さんなんかすごく敏感で、「安井さんの奥さん」と呼ばれていたのに、登記をした翌日から、「社長」と呼んで、融資の提案などしてくる。

でも、学んでいないと、本当に大変なことになる。
我が社は、家族だけでやっているからまだいいけど、他人従業員など雇った日には、その人たちの人生を背負うのだ。
彼らの個人ビジョンが実現できるように、社会に貢献できるように、そして自分のビジョンのために会社を経営していかなくてはならない。
そのために、まずは何から始めるのか。

うそではなく、我が社は井崎先生と革真塾のおかげで、利益がしっかり出るようになった。まだまだ金額は少ないけど、その利益を持って、主人は大きな一歩を踏み出す「やる気スイッチ」を押してもらった。

学ばなくてもなれるけど、学ばないで苦しんでいるなら、絶対学んだ方がいい。
東京ではあと2回で、8月は組織と人材について、9月は経営指標について勉強する。
え、まさか「経営指標って何?」と思っている社長さんは、いないですよね? 以前の私は、そんなでした(笑)
http://www.off180.com/tokyo_07.html

ここが通っているところ。お試し受講制度あります。