2011年 11月 30日 ( 2 )

【節電・節水・エコの知恵13】おいしいホットサラダをつくるコツ

——————————————————————————

     節電・節水・エコの知恵13

——————————————————————————

食まわりでできるエコなことの続きです。

野菜は、火を入れる時間が長いとビタミンが壊れやすくな
ります。
 
また、煮込む料理は良いのですが、和え物やホットサラダ
の場合、しゃっきりした歯ごたえも楽しみたいので、長時
間の加熱は避けたいものです。
 
そこで、短時間で料理をするためのコツとして、
 
3.フタをして調理をする。
 
どんな食材にも、水分はあります(乾物以外)。
 
煮物でも和え物でも、フタをして調理をすることで、その
食材から出る水分が水蒸気となって、鍋の中の温度をムラ
なく急速に上げてくれるのです。
 
温度が一気に上がることで、ビタミンの破壊が最小限で済
み、色も鮮やかに仕上がります。厚いものでも、中までき
ちんと火が通ります。
 
エネルギーに無駄がなくおいしいのですから、利用しない
手はありません。
 
こまめにフタをして、調理をしましょう。  
                (次回に続きます)

【レシピ】しらすとわかめの酢の物

前回、広島出張のことを書きましたが、この3週
間は、怒涛の出張ウィークでした!

広島の次の週が大阪で、その次の週がまた広島。その広
島でね、ホテルが何とエアロスミスご一行様と一緒だっ
たのよ~~。

ギターを背中に抱えた長髪の人たちに囲まれてエレベー
ターに乗るだけで興奮!

朝のビュッフェで、

一緒にならないかなぁ

…って、ロックな方々は、早朝から食べないよねー


とひとり突っ込みながら食べていました。

だから何だってこともないし、スティーブン・タイラー
と会ったわけでもないけど、往年のロック大好きおばさ
んとしては、同じ空気を吸ってるってだけで嬉しかった
のよ!(ただの自慢かいっ!)


さあ、今日の一品を始めましょう。
     
=========================
 今日の一品   
      しらすとわかめの酢の物
                        
=========================

d0339678_12371407.jpg


シンプルだけど、いつ食べても飽きない味ですよね。
わかめは、おなかのそうじをしてくれます。

   
1.塩蔵わかめ(または生わかめ)は、よく洗って塩気
  を抜き、食べやすい大きさに切る
  
2.千切りにしたしょうがと合わせ、釜揚げしらすをた
  っぷり入れて、米酢としょうゆをかけまわす
        
      
ちりめんじゃこの生臭みを取りますので、しょうがなど
の香味野菜を入れるといいですね。