【特集】地場野菜のおふくろの味は?


    日本の食料自給率と私たちの食卓・40

─────────────────────────────

前回は、地場産業が抱えている問題点から、地方の文化について
お話ししました。

これはお友達の料理研究家さんから聞いただけなので、根拠とな
るものは示せないのですが、彼女が関わったある地方では、

「子供に伝えていきたい地場野菜を使ったおふくろの味」のよう
なコンテストをした時に選ばれたのが、

地場野菜を使った炒め物やカレー、チヂミだったそうです。

地方には、さまざまな郷土料理があります。

でも、それらが選ばれることはなかったのです。

                    (次回に続きます)

【レシピ】韓国風肉じゃが

d0339678_12384670.jpg



iPadが発売された日、早速使おうと思ったのですが、

…ダンナがご近所の友達を呼んで飲み会をしたので、その接待。

次の朝起きたら、なんとダンナが夜中に楽しんだらしく、枕元で
充電されているiPadを発見!あだじ(私)のだのにーー!!


で、その飲み会に冷蔵庫のありもので作ったメニューがこれ。
ちょっとピリ辛なので、ごはんにもお酒にも合いますね。


1.鍋にごま油を入れ、にんにくとじゃがいもの切ったもの、
  牛ひき肉(他の肉でも)を肉の色が変わるまで炒める

2.そこに玉ねぎ、にんじんの乱切りを入れて炒めたら、酒、水
  コチュジャン、塩、しょうゆを入れて、じゃがいもが柔らか
  くるまで煮る

3.汁気のところに、茹でた春雨を加え、全体を混ぜて汁気がな
  くなってきたら、器に持ってあさつきを散らしてできあがり


写真には、春のたけのこも入っています。

お好きな材料でどうぞ!

iPadを使ってみました♪

d0339678_12384636.jpg


おはようございます。
ちょっと薄曇りの東京ですが、久しぶりにイベントも急ぎの仕事も
ない休日で、ゆっくりしています。

一昨日、アップル社のiPadが発売されましたね。

私も知人の方に頼んで、買っていただきました。
(徹夜で並んでくださったようで。。。感謝です)

それにしても、
アップルの製品は、人の快感に訴えるものを作りますね。

iPhone使用者には、珍しくない画面ですが、
Youtubeの動画などを見ると、その迫力に驚かされます。

今までパソコンなんていらないよと言っていた、ご近所の友人が、
「面白い、買おうかな」と言いながら帰りました。

子供もあっという間に操作を覚えました。

簡単です。


話題の電子書籍とアプリもダウンロードしてみました。

「電子書籍」では、文字を大きくしたり検索したり、
文章のコピペができます。

これなら、レポートを書きながら書籍を引用するというのが、
抜群に早くできますね。

辞書やリンクで調べることもできて、勉強の幅が広がると
思います。


「アプリケーション」は、動いたり声を出したり、
塗り絵になったりします。

最近テレビで良く取り上げられる、

「Alice in Wonderland」
「Toy Story」
「OZマガジン」

はアプリです。


私は以前から、自分の料理ショーが組み込めるような料理本が
できないかなぁと考えていたのですが、アプリならば
実現可能だということが分かりました。

今出版業界であれこれ争っているのは電子書籍の方で、
アプリについては、PCをちょっと詳しくいじれる人なら
できるそうですから、すでに素人も開発参入している
状態のようですね。

(先日テレビで高校生が開発した
体重計のアプリを特集していました)。


今後は、

自分の持っているコンテンツがどちらにふさわしいのか、
魅力あるアプリにするためのアイデアがあるか
そのアイデアを実現化できる開発者を見つけられるか
開発コストに見合う頒布数があるか

などなど、今まで出版社と相談できたこと以上のことを
自分で考えなくてはいけないのですから、
さらに問題は複雑になってくるのかなと思います。


でも、必ず料理のアプリを出します!

今、開発してくださる方を探しているところです。

楽しいアプリを一緒に作りたい方、お声掛けくださいね!