Ustream のライブ配信にワクワク♪

こんにちは!

私がやっている活動はご紹介しましたっけ?

食から地球環境を考える「うちエコ!ごはん」という団体をやっているんです。

公式サイト  http://www.u-ecogohan.com

食とエコロジーを身近に感じていただきたいと、チャレンジ25のウェブサイトでも活動報告をさせていただいてます。

「安井レイコのうちエコ!活動報告」(チャレンジ25のウェブサイトより)
→ https://www.challenge25.go.jp/practice/enjoy/reikosan/

さて、そのうちエコ!ごはんでは、6月30日に設立1周年をお祝いしたイベントをしようと企画中です。

で、その企画の目玉中の目玉が、

Ustream Live 配信

なんですよ!


先日、スタッフ会議でそれを生配信するという暴挙をやり(笑

こんなのがパソコン画面で見えます。

d0339678_12385133.jpg








昨日は、私が「うちエコ!ごはんの日宣言」をしてみました。

こちらからご覧いただけます。(たぶん。ツイッターやってなくても見られるかな?)

http://www.ustream.tv/channel/u-ecogohan-ch

その名も

うちエコ!ごはんチャンネル~~

これから毎週水曜日の12時頃から放送する予定です。

内容が決まりましたらまたお知らせしますね。

とにかく、何ができるか、今ワックワクなんです!

ぜひご覧くださいね~。

【レシピ】春色けんちん(春の野菜たっぷり)

建長寺の小坊主さんが、豆腐を落としてぐちゃぐちゃにしてしまって、困っていると、蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)さんがいらして、

「どれ、一緒に煮てみよう」

と豆腐と野菜を一緒に煮た汁を作ってくれた。

 
これが 「建長寺汁→けんちん汁」 の語源。

ならば、ぐちゃっとした豆腐と野菜を煮ればなんでもけんちんだ、という乱暴な解釈の元、春の野菜でけんちんを作ってみました。
 
  
1.
出し昆布、春キャベツ、うど、たけのこ水煮、えんどう豆、玉ねぎ、にんじんを色紙切りにしたもの、洗ったあさりを鍋に入れ、日本酒少々と水を野菜がかぶる位入れてフタをして煮る
        
2.
貝が開いたら、殻を取り出して捨て、塩・しょうゆで味をつけて、水切りした豆腐をつぶしながら入れ、最後に水溶き片栗粉でトロミをつける
    
    
あさりの殻に豆腐が入ると、せっかくおいしいお汁に手をつっこまないといけないので、面倒だけど殻は取り除いてね。
 
最初にあさりを水で煮て、その煮汁で1.の野菜を煮てもいいですよ。
 (野菜を煮ている間に、殻をむけば、時間短縮)
 
もちろん、出し昆布も切ってから汁に戻して、一緒に食べてくださいね。


本当は写真を載せたかったのですが、今手元にないので、自作のイラストで(笑)
お許しくださいませ~

d0339678_12385129.jpg

【特集】ブランド化が価値を下げる?

──────────────────────────────

  日本の食料自給率と私たちの食卓・37

──────────────────────────────

 前回に引き続き、ブランド化のお話しです。前回は、自分の価値
 をより高めようと、差別化したネーミングつけたというお話しを
 しました。(最後の部分を引用します)

 「すばらし豊島牛」は、生産者が使用するエサがすばらしいこと
 をアピールするのには有効ですが、その他の豊島牛のエサが良く
 ないような印象を与えてしまいます(例え同じ品質のエサだった
 としても)。

 そして、「豊島牛」というブランドの価値基準が、相対的に下が
 った印象を与えてしまうのです。

 ならばそれぞれがアピールしたい点を強調すればいいかというと
 それはそれでイタチごっこになってしまうのはお分かりですね。

 そして最後は、ブランド化の意味すらなくなってしまうのです。

 また、生産者の思いと違うところで動いていくものもあります。

                     (次回に続きます)