<   2013年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

【一人暮らしで自炊を始める時に・2】まずは鍋



1.まずは道具を揃えよう

もうお忘れかもしれませんが、1人暮らしで自炊を始めよ
うとする、調理経験のない人に買ったら良い調理器具から
書いています。

前回も書きましたが、「どんな状況で調理をするか」によ
って、調理道具は変わってきます。けれどまずは、

「温める道具」は必要だと思います。

調理をよくする人なら、鍋とオーブントースター。(ガス
もしくは電気のレンジはある、という設定です)

調理をしないという人は、電子レンジも必要かもしれませ
ん。

鍋は、コーティング加工がしてあるフライパン、大小のス
テンレス鍋があると、色々なものに使えますし、洗いやす
いと思います。

【季節の簡単レシピ】ひな祭りごはん

すし飯で作れば「ひし押し寿司」ですが、こどもによっ
ては酢よりもこういうシンプルな方を好むので。

魚のでんぶを手作りしてみましょう。凝るのはここだけ。
手作りはふわふわで、格別のおいしさですよ。

d0339678_12361011.jpg
    
 
=========================
 今日の一品   
    ひな祭りごはん
                        
=========================
 
1.1ℓの紙パック(牛乳パック)をきれいに洗い、底の
  部分を切り取り、1/3くらいの長さに切っておく

2.塩鮭を小さ目のフライパンに入れ、酒とみりんを入れ
  てフタをして中まで火を通したら、フタを開けてフォ
  ークで細かく全体がふわふわになるまで潰しながら煎
  り上げる

3.小松菜は3等分の長さに切って薄手の鍋に入れ、塩と
  水少々を入れて、フタをして水がなくなるまで強火で
  煮たら粗熱を取って水気をギュッと絞り、細かく刻ん
  で1/2量のごはんに混ぜる

4.皿の上に1.の牛乳パックをひし形にして置き、3.
  の菜飯を端っこまでしっかり入れて上からスプーンな
  どで押し、その上に白いごはん1/2量を重ねてスプーン
  で押し、一番上に2.の鮭のでんぶをのせて、ゆっく
  りとパックから外したら、甘エビなどを飾ります


※ごはんは、やや固めに炊きましょう

※鮭は、ほぐしている間に骨や皮を取り除いておきましょ
 う(フォークに引っかかりますので、簡単に取れます)。

※紙パックはきちんと洗って干してから使ってください。
 できれば、牛乳よりもお茶などのタンパク質ではない中
 身のものが良いと思います。

親子スタイル更新しました

思春期のこどもと親のコミュニケーションを考えるサイト、
「親子スタイル」の記事を更新しました。

相対的と絶対的。「家長力と心の基準・2」になります。

よろしければ、読んでください。
我が家の教育方針なのですが、こればっかりは、
こどもが大きくならないと答えがでないものですよね。

http://www.oyakostyle.com/yasui/2013/02/162.html

【出演報告】 「低炭素杯2013」にパネラーとして出演します

こんばんは!

今週土日、東京ビッグサイトで開催されます、

低炭素杯2013
http://www.zenkoku-net.org/teitansohai2013/guest.html

で、私安井レイコが、「うちエコ!ごはん」の活動を
パネルディスカッションで発表することになりました。

入場は無料ですので、よろしければ、ぜひお越しいただき、
このところの「うちエコ!ごはんの活動」をご覧くださいませ。

スタッフが色々忙しい時期なものですから、
カメラで記録してくださる方も募集中です。

よろしくお願いしま~す。

世界の「エコうま」のご紹介

世界の先生方とエコについて語り合った「エコうま」のページが、
現在こちらで紹介されています。

http://www.ajinomoto.co.jp/index.html

先日のうちエコ!ごはんチャンネルというUstreamでも
提供していただいた新商品を使って、バレンタインデーにぴったりな
タンドリーチキンを作りました。

d0339678_12361369.jpg


よろしければ、ページもご覧くださいね。