<   2012年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

【お仕事紹介】グリーンカーテンプロジェクトに参加しました!

このところ、息をつく暇もないほど、仕事に遊びに(行きついてるじゃん!)出ておりますが、そのお仕事のひとつが、このような形になりました。

チャレンジ25%キャンペーンがやっているサイト

【グリーンカーテンプロジェクト】の中の、「おいしいグリーンカーテンのススメ」のページで、ゴーヤを使ったスムージーを5種、ご紹介。

撮影でも、

「おいしい!」

「ここにこれを入れるとは、想像もしませんでした」

と、嬉しいお声をいただきました。えへへ。

ちょっと自慢のレシピですから、ぜひお試しください。

d0339678_12363645.jpg


そうそう、このグリーンカーテンプロジェクトでは、今、

グリーンカーテンフォトコンテスト

をやっているそうです。

自分で育てている方はもちろん、街中で見かけて“パチリ”もOK!

詳細は、↑のHPから。

涼しいだけじゃなく、おいしいグリーンカーテン。
私も来年は、絶対やろうっと。(今年は、ミニトマトだったの。まだ実ってないけど。。。夏が終わっちゃうねぇ)

【食い倒れないぞエッセイ】だから凪、きっと凪

【凪】

独特な筆づかいで描かれたのれんの下をくぐると、カウンターと座席が数席。
決して広くはないけれど、おいしそうな雰囲気がぷんぷんする。

カウンターの後ろには大きな生簀があり、網に入った穴子とニョキっと顔を立てた穴子が…

d0339678_12363672.jpg


ふと思い出すのが、昨年行った水族館のチンアナゴ。

ああ、兄弟よ。。。

d0339678_12363682.jpg



大きなサザエのつぼ焼きのお通しにもびっくりしたけれど、次に出てきた「穴子の刺身」にさらにびっくり。

お皿選びも、「まさに穴子!」。

d0339678_12363708.jpg


淡泊な白身なのに強い弾力があり、甘みを噛みしめると最後にフッと鼻に抜ける獣肉のような香り。

どれだけ強い筋肉を持っているのだろう。

大将に聞くと、

穴子は、非常に生命力の強い生き物で、穴があるととにかく頭を突っ込んで入り込んでしまうので、生簀の排水溝に頭が入りそうな穴子は、網に入れて置かないと大変なことになる…

ということ。なるほど、それで↑の写真のようになるのか。

刺身を味わっている前では、大将が次々穴子を捌く。

そして出てきたのが、このカリカリの骨せんべい。

d0339678_12363756.jpg


太くて噛みごたえのある骨、細くてサクサク感がたっぷりの骨。塩だけのシンプルな味なのに、手が止まらない。
というか、山盛り~~。食べ過ぎてヤバいでしょう。

他にも海の幸から山の幸まで、次々出される手の入った一品。

いや、もうお腹いっぱいだし…と、ここで土鍋の「サザエ飯」が登場。

d0339678_12363714.jpg


ほろ苦くうまみが閉じ込められたごはん。

あああ、米ってすばらしい。


外に出て、おいしかった料理の余韻に浸りながら見上げると、くぐったのれんと同じ筆文字の看板。

【旬魚季菜 凪】

なぎ…の文字が、まるで穴子がのたくるように跳ね回っている。

「妹が描いたものです」と、見送るために出てきてくれた大将。

なるほど、表面は穏やかに凪いでいるけれど、躍動感たっぷりな料理はまさにこの文字そのものだなぁと、看板に後ろ髪を引かれながらお店を後にした。

【掲載されました】ENEFARM LIFEに掲載されました

d0339678_12363938.jpg


現在、燃料電池普及促進協会で配られている、

「ENEFARM LIFE」

という季刊誌に、エコな料理を掲載しています。

今月は、冷汁。
写真は、私のレシピの写真よりもずっとステキです。

燃料電池を設置されている事務所やお宅に配布されるそうですので、よろしければご覧ください。

【節電・節水・エコの知恵23】おいしい夏野菜で

——————————————————————————

     節電・節水・エコの知恵23

——————————————————————————

11.旬のものを食べる。 

今までの調理のことからは離れますが、これも大切です。
 
旬の食材には、その季節を過ごすための知恵(栄養素)が
詰まっています。
 
ことにこの季節においしいきゅうり、なす、トマトには、
水分やビタミンCがたっぷり。

体が火照りすぎないように、冷やしてくれるのです。

アイスクリームを食べたり、氷たっぷりのジュースを飲ん
だりと不自然に冷たすぎるものを食べ続けると、胃腸の動
きが悪くなって夏バテを起こしやすくなります。
 
氷枕の代わりに、キャベツや青菜をガーゼに包んで、頭の
下に敷くのもおすすめです。

特にこどもには、自然の冷やし効果がいいですね。
冷蔵庫の使い過ぎも防げます。

                  (次回に続きます)

【簡単レシピ】いかときゅうりのピリ辛炒め

札幌出張の日、半日時間があったので、丸山動物園に行
ってきました。

ヒツジの放し飼いをしているゾーンでかわいい顔を眺め
ながら、時折するヒツジの匂いにクラクラ…。

その晩、
「ジンギスカンはお好きですか?」と聞かれて、

「はい!昼からずーっとそればかり考えてました!」
と思わず答えて笑われました。し、仕方ないよねっ?


さあ、今日の一品を始めましょう。

d0339678_12364022.jpg

     
=========================
 今日の一品   
     いかときゅうりのピリ辛炒め
                        
=========================

そういえば、去年の今頃台湾に行ったんだったと思い出
したら、急に食べたくなりました。


1.イカは、皮を剥いて一口に切って片栗粉をまぶして
  おく

2.きゅうりは乱切りにして、塩少々を振りかけて置き、
  水分をキッチンペーパーでふき取っておく

3.水に、片栗粉、塩、しょうゆ、オイスターソースを
  混ぜておく

4.フライパンに、ごま油、みじん切りにしたにんにく、
  小口切りにしたタカの爪、1.のイカを入れてさっ
  と炒め、2.のきゅうりを入れたら、3.の調味料
  を掛け回してできあがり


きゅうりを入れたら、時間をかけずにシャキッと仕上げ
ましょう。