<   2012年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

【節電・節水・エコの知恵17】水を入れすぎないって?

——————————————————————————

     節電・節水・エコの知恵17

——————————————————————————

さて、「短時間で調理する」に戻って考えます。
 
6.水を入れすぎない。
 
これは、私の料理の特徴でもあるのですが、煮物でも汁物
でも、最初に入れる水は、材料がようやく隠れる程度以下
です。
 
たっぷり水を入れて、ぐらぐら食材が踊るということは、
ありません。
 
水の量が少ないのですから、早く沸騰して野菜にも早く火
が入ります。みそ汁などで汁を増やしたいときには、野菜
が煮えてから足します。
 
そうすることによって、野菜をおいしく、手軽に食べるこ
とができるのです。

調理時間が短いので、温暖化ガスも減らせます。

                  (次回に続く)

【おひなさま向けレシピ】花寿司&ふくさ寿司

こんにちは!料理研究家の安井レイコです。
 
あなたが毎日頭を悩ませている晩ごはんの一品と地球に
やさしいコンセプトをローオイル、ノンシュガー料理
研究家安井レイコが、今日もお届けします。


うちの姑はケーキ教室の先生で、毎年バレンタインには
何十万もかけた材料で、とても凝ったチョコレートをつ
くるのですが、今年、ダンナが自分の部の女性用に、人
数分のトリュフをもらったのです。

で、すぐに会社に持って行くのかと思いきや…

「だって、バレンタイン前に持って行ったら、まるでお
返しちょうだいって言ってるみたいだろ?」


と、わざわざ数日後に持って行く気の使いよう。

でも結局、

「部長、くれるならひとりひと箱ずつください」

と言われて終わりだったらしい~。
か、かわいそうな。。。


さあ、今日の一品を始めましょう。
     
d0339678_12371128.jpg



今週末はおひなさまですから、簡単に作れるお寿司を。

薄焼き卵さえ作れば、好きな材料を寿司酢と一緒に混ぜ
て包むだけ。ゴージャスに見えますから、ぜひやってみ
てくださいね。


1.卵はよく割りほぐし、片栗粉、みりん、水、塩を入
  れて、なめらかになるまで混ぜたら、フライパンに
  油少々を敷いて余分な油を拭き取り、そこに1.の卵
  液を流し入れて、薄焼き卵を焼く

2.三つ葉は、洗ったらラップをして10秒電子レンジで
  加熱しておく

3.固めに炊いたごはんに、米酢、塩、はちみつ、みり
  んを一煮立ちさせた寿司酢をかけて混ぜながら粗熱
  を取り、ほぐしためんたいこを混ぜ合わせる

4.A)1.の薄焼き卵で3.のめんたい寿司飯を巻き、2.
   の三つ葉で結ぶ
  B)サラダ菜を2枚組み合わせて真ん中に3.のめんたい
   寿司飯を置いて花のようにくるみ、下の部分を三
   つ葉で結んだら、中央にいくらをのせる


※特別具を作らなくても、紹介したようにめんたいこや
 紅ショウガ、ひじき、キンピラなどでOKです。

※サラダ菜が固くてくるみにくい時には、最初に爪楊枝
 などで留めてから三つ葉でしっかり結びます。

※紅ショウガなどを型抜きして散らすとかわいいですよ。


ちなみに、姑がくれたチョコはこちら。
確かに、どれを取るか迷っちゃって、「ひと箱欲しい」
ってなるかもね(笑)

d0339678_12371167.jpg

明日、テレビに出ます

あ!明日の朝、テレビに出るのでした(たぶん)。

朝のモーニングショーなので、大きな事件があったら流れるけど。

テレビ朝日 やじうまテレビ

朝の7:40過ぎ…だと思います。

どうぞよろしく!

【節電・節水・エコの知恵16】料理に下ごしらえは必要か?2

——————————————————————————

     節電・節水・エコの知恵16

——————————————————————————

「下ごしらえをしない」について、具体的にお話します。
 
こんにゃく(今では下茹での不要なものも増えましたが)、
タケノコ、山菜など、アクが人体に害のある場合は、昔
からの方法でアクを抜きましょう。
 
けれど、「野菜」といって市販されているものは、アク
味を少なくし、人体に害がないように改良をされたもの
が多くあります。
 
ですから、ほうれん草でもごぼうでもれんこんでも、下
茹でしたり、水に晒したりする必要がないのがほとんど
です。

ただし、採ってから時間の経ったもの、旬を外れている
もの、農薬・化学肥料を多用しているもののアクは、え
ぐみになったり臭みになったりすることがあります。
 
その場合は、それぞれに適切な方法でアクを抜いていき
ましょう。

まずは、「アク抜き、水晒しが必要かどうか」を考える
事が大切です。
                  (次回に続く)

【エコレシピ】保温調理で作る塩味の煮豚

甘いもの嫌いの息子たちに、ハート型のおせんべいをあ
げたら、
「親からもらうのはびみょー」
と言われました。

ダンナには、デメルのザッハトルテ。同じく甘いのは苦
手だけど、
「ボクはもういいから、後は食べて」

の言葉を見込んで(笑)。
え、そういうのって確信犯?


さあ、今日の一品を始めましょう。
     
=========================
 今日の一品   
      保温調理で作る塩味の煮豚
                        
=========================

d0339678_12371138.jpg


先日「炊飯器で作る煮豚」を掲載したところ、「炊飯器
がないとできませんか?」という質問をいただいたので。

炊飯器は保温のために使っただけなので、もちろん保温
ができるものならなんでも良いです。

沸騰したお湯を鍋に入れて湯煎をして、タオルなどで包
んでも良いと思います。保温調理鍋もOKです。

いろいろな味で楽しんでください。


1.豚肩ロースの塊をタコ糸で縛り、ジッパー袋に入れ、
  にんにくの潰したもの、パセリ、ローリエなどのハ
  ーブ、粒の黒こしょう、ワイン、塩を入れて、でき
  るだけ空気を抜いて袋を閉じる

2.鍋に沸騰したお湯を入れて1.の肉を入れて、フタ
  をしたら、厚手のタオルや毛布で包んで40分~6
  0分保温する

3.中まで火が入ったところで取り出し、薄く切ってで
  きあがり


※この時には、色を白く仕上げたかったので、白ワイ
ンを使いました。

今度、赤ワインでやってみますね。

【節電・節水・エコの知恵15】料理に下ごしらえは必要か?1

——————————————————————————

     節電・節水・エコの知恵15

——————————————————————————

短時間で料理をするためのコツ、次は、
 
5.下ごしらえをしない。
 
野菜のアク抜きや厚い皮剥き。料理になぜ下ごしらえを
するかというと、料亭やレストランでは、目に鮮やかで
形の美しいものが喜ばれるから。

技術もお金のうちになるので。
でも、それが家庭料理にも必要でしょうか。。
 
真っ白いごぼうでなくても、六角形に剥いた里芋でなく
ても、面取りしたにんじんでなくてもおいしい料理にな
ります。

だから、人体に害のあるものでない限り、下ごしらえを
やめてみましょう。
                  (次回に続く)

【簡単レシピ】炊飯器で作る煮豚

えー、以前からの読者の方はご存じかと思いますが、毎
年2月には、東京ドームで開催されている「テーブルウ
ェア・フェスティバル」にお友達と出かけます。

みんな料理研究家なので、途中からは自分たちが使う食
器の買い出しに夢中になってしまって

「あれ、みんなどこ~?」

と探し回るのが常の楽しいイベントです。

フェスティバルでは、食器をたっぷり仕入れるのですが、
今年は何とお財布を忘れてしまって、泣く泣く数点に絞
って買い込みました。

でもおかげで、いつものように

「重~~い!こんなに買うんじゃなかったーー!」

と泣くこともなく、みんなで代々木のレストランで楽しく
お食事をして帰りました。

…結局どっちにしても泣く羽目になるんだって、今、気
がつきました。

でも、「また来年も集まろうねー」と言える仲間がいる
っていいね。
(おいしいお店だったので、後でブログに書きますね)


さあ、今日の一品を始めましょう。
     
=========================
 今日の一品   
      炊飯器で作る煮豚
                        
=========================

d0339678_12371237.jpg


年末に作ってみたのですが、袋が破けて失敗してしまっ
たので、レシピにするのは難しいかと思っていました。

でも、電子レンジで解凍するタイプではなく、湯煎解凍
用のジッパー袋を見つけましたので、再チャレンジ!

もし、熱湯OKというジッパー袋を見つけたら、作って
みてくださいね。
 

1.豚肩ロースの塊をタコ糸で縛り、ジッパー袋に入れ、
  にんにくの潰したもの、長ねぎの青いところ、しょ
  うがのスライス、しょうゆ、みりん、酒、はちみつ
  を入れて、できるだけ空気を抜いて袋を閉じる

2.炊飯器に沸騰したお湯を入れて「保温」スイッチを
  入れ、1.の肉を入れて40分~60分保温する

3.中まで火が入ったところで取り出し、汁のところに
  殻を剥いたゆで卵を入れて冷めるまで置く
  

肉はすぐに食べられますが、卵はできればひと晩置いた
方がと味がなじんでおいしいです。

保温の時間についてですが、300gぐらいの肉でしたら、
だいたい40分ぐらい。ただ、肉の太さによって火の入り方
が違いますので、触った弾力で確かめてください。

d0339678_12371204.jpg


作っている過程です。
もう1種類については、明日書きますね~(予定)