<   2011年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

【あったかレシピ】モツ煮込み

ダンナが会社の忘年会のビンゴで当てた「PSP Vita」で
朝から大モメ。

三男「3人のうち、誰がもらうの?」

次男「ってか、このソフトのダウンロード料金とか通信費とか、誰が払うの?」

うーん、お米とかのが良かったなー。するとダンナが、

「1人が楽しめるものより、人数分あるやつがよかったな。
『建設会社のヘルメット5個セット』とかあったんだ」


って、それ、あなた以外楽しめませんから~~~!



さあ、今日の一品を始めましょう。
     
d0339678_12371353.jpg


これは、時間さえかければいいおいしくなる一品です。
たっぷり作って何度も煮込みながら食べると、トロット
ロですよ~。
  
1.鍋にお湯を沸かして日本酒少々を入れ、白モツを入
  れて1分ほど煮たらお湯を捨てる

2.そこにもう一度水と日本酒を注ぎいれ、こんにゃく
  のちぎったもの、厚めの大根とにんじんのいちょう
  ぎり、ダシ昆布、しょうがのスライス、丸ごとのに
  んにく、タカの爪を入れて、フタをして煮る

3.大根に固めに火が入ったら、みそ、しょうゆ、みり
  んを2~3度に分けて入れ、途中厚揚げの切ったも
  のも入れて、何度か煮返す

4.器に盛ったらあさつきを散らしてできあがり

      
白モツの脂の臭みを抜くために一度茹でこぼしますが、
後はアク抜きも不要。大根、にんじんは皮を剥かなくて
もやわらかくおいしくなります。

冷めるときに味がしみ込みますので、ずっと煮ているよ
りも、煮たら冷ますことを繰り返すほうがおいしくなり
ます。




で、その問題のPSPは、結局北海道の長男のところに嫁ぐ
ことになりました。

どっちにしても、ヘルメットでなくて良かった。。。

さて、今日は昼ごろから東京ビッグサイトに行きます。

明日の11:30~東京ビッグサイトの「エコプロダクツ2011」
味の素ブースにて、「食卓から始めるエコライフ」という
ショーを行いますので、その下見に。

よろしかったら、見に来てくださいね~。(先着15名の
み試食あり)

では、また次回!

【応募お待ちしています!】小冊子完成しました!

うちエコ!ごはんの秋の取組みの小冊子ができました!

d0339678_12371384.jpg


写真から何から全部オリジナル。10個のエコについて
きっちり解説しています。

その小冊子を読む前と読んだ後の意識の変化、行動の変
化を〇×で書いて送って下さい。
(ほんの5分ほどでできます)

50名の方に、抽選でプレゼントがあります。
詳しいやり方はこちら↓
http://www.u-ecogohan.com/blog_detail/&blog_id=3&id=84

プレゼントは、ステキなクリアファイルやストラップ、耳かきも!


twitterやFacebookからでもお申込みできます。

@u_ecogohan
http://www.facebook.com/uecogohan

ご協力、よろしくお願いします。

【節電・節水の知恵14】保温調理リターン(復習です)

——————————————————————————

     節電・節水・エコの知恵14


——————————————————————————

食まわりでできるエコなことの続きで、前回はフタをして
調理をすると短時間でできるという話をしました。

同じく短時間で料理ができるものといえば、前にもお話し
しましたが、保温調理です。復習しますね。

4.保温調理を利用する。
 
おでんやポトフなどがおいしい季節ですが、一定の温度で
煮るのは難しいものです。

火をつけっぱなしでずっと煮ていると、水の対流で煮崩れ
も起きます。
 
そこで、保温調理をしてみましょう。
 
専用の鍋もあるようですが、わざわざ買わなくても、熱々
の鍋を新聞紙で包んだり、古い毛布で包んだりすればいい
のです。
 
シチュー、煮物、みそ汁、ごはんなどなど、保温調理でお
いしくできるものはたくさんあります。

火口も空くので、一石何丁にもなりますね。

夏の間は注意が必要でしたが、これからの季節は、ぜひこ
の保温調理を利用してください。
                (次回に続きます)

【あったかレシピ】八戸せんべい汁(郷土料理)

八戸に出張してきました。新幹線の中で、「八戸、郷土
料理」と調べたところ…

せんべい汁、いちご煮汁、ひっつみ(すいとん汁)、八
戸ラーメン…って、どんだけ汁物~~?

おなかチャポチャポになりそう(全部食べる気、自分?)


さあ、今日の一品を始めましょう。
     
d0339678_12371418.jpg


せんべい汁だけでなく、「八戸献立」にしてみました。
蕎麦かっけと朝市で買ったカレイの一夜干しです。



到着して一番最初に食べたのが、せんべい汁。寒かった
ので、熱々のお汁はやっぱりおいしかった~。これから
の季節にどうぞ。


1.鍋にごま油を入れ、ささがきしたごぼう、にんじん、
  長ねぎ、白菜、大根の食べやすく切ったものを炒め、
  水と煮干し、皮をむいた里芋を入れてフタをして煮
  る

2.野菜が柔らかくなったら、塩・しょうゆ・みりんで
  味をつけ、せんべいを割り入れて5~6分煮る

3.せんべいが柔らかくなったら、器に盛り、万能ねぎ
  や干し菊を散らしてできあがり


八戸には、汁に入れる溶けにくい「鍋用せんべい」が売
られています。普通のせんべいでは溶けてしまいますの
で、注意してください。

鍋用せんべいがない場合は、車麩や板麩、麺類などを入
れるとおいしいですよ。



今回は、昼過ぎに青森に入って講演。その後、パーティ
に出て、さらに別のところでお食事してからホテルへ。

次の日の5時に陸奥港の朝市を見学して、8時の新幹線
で帰京しました。

たった18時間の滞在でしたが、ウニに白子にイクラに
イカ。とりあえず、冬の味覚は抑えたぞ~(そこか!)

そうそう、帰りのタクシーの運転手さんは、
「せんべい汁は、やっぱ味噌味じゃなくてしょうゆがい
いよ。アルデンテよりクタクタに煮た方が…」
と教えてくれたのですが、そのネタ元はこの歌だそうで。

せんべい汁の歌↓
http://www.youtube.com/watch?v=bdhNQoCGN_k

良かったら食べてみてくださいね。