<   2011年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

【節電・節水・エコの知恵13】おいしいホットサラダをつくるコツ

——————————————————————————

     節電・節水・エコの知恵13

——————————————————————————

食まわりでできるエコなことの続きです。

野菜は、火を入れる時間が長いとビタミンが壊れやすくな
ります。
 
また、煮込む料理は良いのですが、和え物やホットサラダ
の場合、しゃっきりした歯ごたえも楽しみたいので、長時
間の加熱は避けたいものです。
 
そこで、短時間で料理をするためのコツとして、
 
3.フタをして調理をする。
 
どんな食材にも、水分はあります(乾物以外)。
 
煮物でも和え物でも、フタをして調理をすることで、その
食材から出る水分が水蒸気となって、鍋の中の温度をムラ
なく急速に上げてくれるのです。
 
温度が一気に上がることで、ビタミンの破壊が最小限で済
み、色も鮮やかに仕上がります。厚いものでも、中までき
ちんと火が通ります。
 
エネルギーに無駄がなくおいしいのですから、利用しない
手はありません。
 
こまめにフタをして、調理をしましょう。  
                (次回に続きます)

【レシピ】しらすとわかめの酢の物

前回、広島出張のことを書きましたが、この3週
間は、怒涛の出張ウィークでした!

広島の次の週が大阪で、その次の週がまた広島。その広
島でね、ホテルが何とエアロスミスご一行様と一緒だっ
たのよ~~。

ギターを背中に抱えた長髪の人たちに囲まれてエレベー
ターに乗るだけで興奮!

朝のビュッフェで、

一緒にならないかなぁ

…って、ロックな方々は、早朝から食べないよねー


とひとり突っ込みながら食べていました。

だから何だってこともないし、スティーブン・タイラー
と会ったわけでもないけど、往年のロック大好きおばさ
んとしては、同じ空気を吸ってるってだけで嬉しかった
のよ!(ただの自慢かいっ!)


さあ、今日の一品を始めましょう。
     
=========================
 今日の一品   
      しらすとわかめの酢の物
                        
=========================

d0339678_12371407.jpg


シンプルだけど、いつ食べても飽きない味ですよね。
わかめは、おなかのそうじをしてくれます。

   
1.塩蔵わかめ(または生わかめ)は、よく洗って塩気
  を抜き、食べやすい大きさに切る
  
2.千切りにしたしょうがと合わせ、釜揚げしらすをた
  っぷり入れて、米酢としょうゆをかけまわす
        
      
ちりめんじゃこの生臭みを取りますので、しょうがなど
の香味野菜を入れるといいですね。

       

明日は広島!

11月12日は、マルハニチロさまとエコス広島さまのご協力の元、

親子でつくるECO楽レシピ料理教室

を広島でやらせていただきます。

で、その準備のために、明日は早朝から広島入り。

ここのところ、お約束になっているような「ご当地耳かき」ですが、↓(前回はこれ)

d0339678_12371467.jpg


明日は準備の買い物で、明後日は早朝から2教室をこなした後にタクシーで飛行場まですっ飛ばして最終の飛行機に乗るらしいので、どこで買えるかが分かりません。。。


お友達に、軽い気持ちでおすすめのお土産を聞いたところ、

「山田家の黒もみじと赤もみじはおすすめ。
にしき堂の生もみじもあるし、日本酒なら、
盛川酒造の「沙羅双樹」がおすすめ。

もしかしたら、酒売り場に
このお酒で作った「地酒餠」(冷凍)があるかも。
それから
山豊という漬け物屋の「粽菜(ちまきな)」も!

あとは熊野の化粧筆と
オタフクのお好みソース
といったところでしょうか」


って。。。おおお、迷ってしまった

こんな素敵なお返事をしてくれたお友達は、ライターの神垣さんです。

ありがとね~。
お土産貧乏になりそうだけど、がんばりまーす!(って、お土産買いに行くんじゃないって)

では行ってきますね~

【節電・節水・エコの知恵12】おいしい煮物をつくるには

——————————————————————————

     節電・節水・エコの知恵12

——————————————————————————

食まわりでできるエコなことの続きです。

2.短時間で調理をしましょう。
 
簡単手抜きの一歩ではありますが、食材は、火を入れれ
ば入れるほど良いというものではありません。
 
その料理が最もおいしいタイミングというのがあります。
 
例えば煮物は、冷めていく時間に最も味が染みこみます。
先に冷えた煮汁が、まだ温かい具の中に移るのです。これ
をソレー効果といいます。
 
ですので、煮物やスープなどの煮込み料理も、いつまでも
煮ているのではなく、煮汁やスープを具に染みこませるた
めに、火を止めて蒸らします。
 
和え物やホットサラダも同じです。  
                (次回に続きます)

【風邪の時のレシピ】鍋焼きにゅうめん


長男が北海道から1週間の予定で帰ってきました。
嬉しいんだけど、

「スーツ着なくちゃいけないんだけど、靴を持っていな
いんだよね。買っていい?」

「おじいちゃんにお土産買ってきたら、小遣いが足りな
くなったんだ」

と、物入りなことこの上なし!脛が細くなりそう~~


さあ、今日の一品を始めましょう。
     
d0339678_12371629.jpg


最近、ひどい風邪を引きこんでいる人を見かけます。
夏に残ってしまったそうめんを使って、簡単で消化の良
いにゅうめんにしてみませんか。


1.ひとり用の土鍋に、水と頭とハラワタを抜いた煮干
  しと梅干しを入れて火にかける

2. 沸騰したら、塩、しょうゆで味をつけ、短冊に切っ
  た白菜、えのき、そうめんをほぐしながら入れ、卵
  をまん中に割り入れたら、フタをして1~2分そう
  めんがやわらかくなるまで煮る

3. 3~4センチに切った春菊と細ネギの小口切りをのせ
  て、好みで唐辛子やゆずをかけて出来上がり
             
       



実際にかじって細くしてくれたら嬉しいのですが…あ、
「親の脛をかじる」って話です。スミマセン。。

それにしても、今年は早々に風邪の洗礼を受けました。

セキがなかなか止まらなくて、苦しかった~~。
みなさま、お気を付けくださいね。

さて、今週は広島で親子料理教室です。

地方に行くと、なぜか毎回うちエコ!ごはんチャンネル
の視聴者プレゼントを買ってくるお約束になっています。

しかも「ご当地耳かき」が人気なので、毎回時間のない
中、耳かきを探し回っています(笑)

前回の様子などは、こちらで↓(おやつの写真が多い…)
うちエコ!ごはんスタッフブログ ここだけの話
 → http://ameblo.jp/u-ecogohan/

では、また次回!