<   2011年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

台湾食い倒れないぞツアー2011(2日目)

昨日は夜遅くまで食べていたというものの、今日は観光バスに乗るので、朝食はしっかり食べておこう!

ということで、ホテルのお粥バイキング。

d0339678_12373543.jpg


食べ過ぎ? あ、これ、同行者のも入ってます。ご心配なく。
中華風のグリーンカレーっぽいのが、おいしかったな。

d0339678_12373594.jpg


さあ、観光バスで出発!こんなところ(孔子廟)とかいろいろ(…って、それだけかい!)

d0339678_12373528.jpg


で、楽しみにしていた「お茶セミナー」。
いろいろなお茶の説明を受けながら試飲することができます。名物なのは、

d0339678_12373649.jpg


こちらのおばちゃま。今、旅行会社の台湾ツアーのCMにも出ていらっしゃいますね。
80歳を過ぎてもなお声に張りがあり、動作もきびきびと。

「台湾茶、飲んでるからよ!だからみなさん、買うといいねー」(すばらしいプロ根性!)

d0339678_12373645.jpg


これは私の大好きな、「高山茶」。焙煎していないので、緑茶に近い色でしょう。でも緑茶よりも甘味が強く、烏龍茶よりもフレッシュな香りがするので、胸がスキっとします。
一緒に置いてあるのは、「蓮の実」。甘納豆のように砂糖掛けしてあります。

d0339678_12373691.jpg


こちらは台湾茶の中でも特に希少な茶葉の「東方美人茶」。ある一時期にある特定の場所でしか取れない茶葉で、紅茶のような香りがします。(色もね)

この後さらに、プーアール茶やジャスミン茶など、何種類かのお茶をたっぷり試飲しました。女性は嬉しかったけど、ツアーで一緒の男性たちは、お茶だけにちょっと渋い顔になっておりました(笑)。

d0339678_12373693.jpg


さあ、お昼は、台湾料理をたっぷり!
一般的な観光ツアーでよく行くという、「レストラン・梅子」。
ツアーで行くのだから…とそれほど期待していませんでしたが、どうしてどうして、生きの良いお魚たちのディスプレイ。おお、いい感じ。

d0339678_12373689.jpg


これは、前に台湾料理の先生に教わったことのある、「干し大根やひき肉の入った卵焼き」。おいしいのよねぇ、これが。

d0339678_12373611.jpg


日本でもおなじみ「豚の角煮(東坡肉)」。このお料理が、のちのち語り草になります。

d0339678_12373604.jpg


変哲のない「キャベツの塩味炒め」ですが、キャベツがやわらかくて甘い。

d0339678_12373677.jpg


カレイのような「さかなの蒸したもの」。基本はお醤油味。

d0339678_12373601.jpg


「イカときゅうりのピリ辛炒め」。私もよくきゅうりと豚肉を炒めるのですが、イカもおいしかったなー。味はピリッと豆板醤がきいていて、これにそっくり。 え、自画自賛??(笑)

d0339678_12373694.jpg


あー、この「白身のすり身のスープ」もおいしかったなー。すり身のうまみがギュッだった。

d0339678_12373663.jpg


溢れんばかりの「麻婆豆腐」。台湾の麻婆は、花山椒ではなくて唐辛子の辛さ。ヒリヒリしないところが、食べやすいですね。

d0339678_12373626.jpg


これはツアー客一同が、「おいしー!」と声を上げた、「台湾牡蠣と玉ねぎのトウチ炒め」。
台湾の牡蠣は、小指の先くらい小粒なんです。そのエキスを玉ねぎが吸って…ごはんがすすむー。

d0339678_12373603.jpg


後は、フルーツと杏仁豆腐。マンゴープリンをオススメされたんだけれど、今日は杏仁で。
全員で残すことなくいただきましたが、もうおなかいっぱい過ぎる。。。

さあ、このおなかを抱えて「国立故宮博物館」へ。

d0339678_12373616.jpg


そこで遭遇したのが、

d0339678_12373648.jpg

(現場はカメラ撮影禁止なので、国立故宮博物館のサイトからお借りしました)

何と、先ほど食べた「豚の角煮(東坡肉)」をメノウ(瑪瑙)で作った【肉形石】という作品。
清の時代のものとか…

しかし、いくらそっくりのものを見つけたからといって、宝石を見つけた時に、
「よっしゃー、これを豚の角煮にして皇帝に献上しよう!」
って、考えるものかね~?
それを喜んで受け取る皇帝…どんだけ食べることが好きなわけ!?

食へのあくなき追求というか、それをこの博物館の代表作として展示している台湾すげー!と思った博物館でした。作品の解説を読むと、さらに笑えます。

このほかにも兵隊さんの行進を見たり、なんやかんや(…で、またもそんだけ)ツアーも終わり、晩ごはんの時間に。

台湾で食べたかったもののリストナンバー2、「牛肉麺(ニューロン麺)」を食べに行こう!ということで、先生に伺っていたお店にタクシーで乗り付ける。…と、

d0339678_12373684.jpg


想像していたのとはちょっと違って、いかにも町の定食屋さん風のところ。入口でお惣菜を選んで、自分の席に運びます。ジュースも自販機で買って持ちこむシステム。
分からないながらも、目的の「牛肉麺」を。おお、牛のお出汁がきいてる。

d0339678_12373636.jpg


牛ダシがおいしいので、何も具のない「牛肉湯麺」(湯とつくと、スープだけで具がないものになる。かけそばみたいなもの)と、「魯肉飯(ルーローファン)」、「スペアリブ(排骨)の甘辛煮」。

d0339678_12373609.jpg


で、私はとっても満足したのだけれど、いかにも町の定食屋さんだったものでビールすらなく、同行のダンナは不満ぶつぶつ。。。

でも台湾の夜は長いので大丈夫。夜市に行けばいいのよ、夜市に。

d0339678_12373732.jpg


チーズや卵、好みのソースをトッピングしてくれる「薄焼餅」。熱々のチヂミみたい。

d0339678_12373765.jpg


まんま絞っただけのスイカジュース。

d0339678_12373780.jpg


ビールを買ってご満悦のダンナがチョイスしたのは、「関東煮」と書いてある屋台の「おでん(そう、ひらがなでおでんと書いてある)」。
次の日、地元のスーパーに行ったら、まさにこれが売っていて「紀文」のラベルが…
なぜここまで来て、紀文のおでんかねー?と、膝が崩れ落ちそうに。。。で、でも、ピリ辛の味噌ダレがついているのが台湾っぽい。

d0339678_12373706.jpg


「やっぱりおでんはおいしいよ~。キミも食べなよ!」

と、さらにさらに大満足になったダンナ。せっかく選ぶんなら…と、私は不気味に浮いていた見たことのない2種類をチョイス。
白い方は、「白ゴーヤ」だった。苦くないから、おでんもおいしい。
で、紫の四角のものはむっちりした歯ごたえだったので、てっきり「古代米のちまき」風のものだと思って、みんなに、

「きっと古代米のもち米でちまきにしたんだよ。おいしいよ!」

と食べさせてしまったけれど、帰って調べたら、「猪血糯(チューシェガオ)」という、豚の血をもち米で固めたものだった。
私は平気だけど、ダンナは聞いただけでおなかが痛くなるに違いないので、これは一生の秘密にすることに…

そんなこととは露知らず、台湾の夜は更けていくのであった…

安井レイコの【エコ楽レシピ】サイトオープン

みなさんは、「缶詰」を使いますか?

震災の非常食などでにわかに注目された缶詰やレトルトパックですが、この節電の時期にも結構使える食材なんです。

缶詰を「すでに下処理の終わった素材」と考えれば、ほら、いろいろな料理のレパートリーを簡単に素早く作ることができるのです。

そんなレシピをご紹介するサイトができました。

マルハニチロ【安井レイコのエコ楽レシピ】
http://www.food.maruha-nichiro.co.jp/recipe/eco/index.html

今後もレシピが増えていきますので、どうぞ楽しみながらご覧くださいませ。
みなさまの感想などもお待ちしております♪

台湾食い倒れないぞツアー2011(1日目)

ここ数年、仕事が忙しかったり子供が受験だったりで、数日休んで旅行ということをまったくしてこなかったので、ふと思いついて旅行(しかも何十年かぶりの海外旅行)に行くことにしました。

選んだ場所は、「台湾」。数年前から台湾料理を台湾人の先生に習っていて、中華料理とは違う魅力があることを教わったので、それを存分に味わいたかったからです。

2泊3日ですが、早朝便で台湾へ。最終日は最後の飛行機で帰ってくるという強行スケジュールを組み、とにかく、食べて食べて…でも「食い倒れないぞ!」という決意を込めた旅にすることに。

朝4時に自宅を出発。7時発の飛行機で、台湾のランチに間に合うように飛びました(笑)

最初のランチは、小龍包で有名な、鼎泰豐(デンタイフォン)。

d0339678_12373863.jpg


小龍包の発祥は中国上海ですが、このお店がそれをアレンジして有名にしたということで、どこが違うかといいますと、皮がすごく薄くて、スープがちゃぷん♪というほど入っているところですね。

d0339678_12373850.jpg


何個でも食べられます。また、「えびとへちまの小龍包」などもさっぱりしていておいしい。

d0339678_12373968.jpg


「カニみその入った小龍包」はコクがあって、良かったですよ。他にもいろいろ頼んだのですが、

干豆腐と枝豆が入った、甘くない「炸醤麺(ジャージャー麺)」。

d0339678_12373923.jpg


同行の男性陣が「うまい!」と絶賛していた、甘辛いスペアリブの乗ったチャーハン「排骨炒飯」など、台湾のビールに合わせてがっつりいきました。

d0339678_12373996.jpg


台湾は、スコールのように突然強い雨が1~2時間続きます。お店を出たら、そんな雨だったので、ブラブラすることができずに、次の目的であった「南門市場」に直接行くことにしました。

d0339678_12373998.jpg


こんな惣菜やら…

d0339678_12373961.jpg


干し肉やら調味料やらが、延々と並んでいるビルの中に入ると、私のテンションは一気に上がったのですが、同行の男性陣が、

「くさいよー」
「湿気がすごいよー」

とぶつぶつぶつぶつ。

確かに、八角やら臭豆腐やら干し肉やら干しイカやら干した何やら…の匂いが充満してきついのですが、私にはそれが「うーん、台湾来たぞー」という香りにしか思えず…

でもまあ、確かに早朝から連れまわすと夜までもたない人もいるだろうと、最低限の買い物だけして、30分ほどでそこを出ました(涙

夜は、これも行ってみたかった、「千と千尋の神隠し」のモデルになった「九份(ふん)」へ。

山の中腹にある、坂の多い町です。

d0339678_12373962.jpg


ガツガツ食べると、豚さんになっちゃうんだよ。(気をつけよう。。。)

d0339678_12373922.jpg


右側にあるのが、「湯ばーば」のお店のモデルです。ここは茶芸館というお茶が飲める場所なのですが、その日はここではなくて、

d0339678_12373947.jpg


山の上の方にある「九ふん茶房」へ。
ここのオーナーは陶芸をやられる方で、山の上からの眺めも良いし、道具類の雰囲気も最高。

d0339678_12373943.jpg


行きのバスの中で、「オーナー夫人の焼く烏龍茶チーズケーキがおいしいんですよ」というのを聞いたので、もちろんチーズケーキ。他は、あちらの方がお茶と一緒に食べるという、パイナップルケーキ、よもぎ餅、スパイシー枝豆。

d0339678_12373986.jpg


16年ものの烏龍茶を入れていただきました。(ちょっと高かったけど)

その後は、ツアーの方に案内されて、「軽い夕食」を。

d0339678_12373981.jpg


器たっぷりの麻婆豆腐にスペアリブのトウチ蒸し、麻婆茄子、

d0339678_12373935.jpg


d0339678_12374069.jpg


干し大根の炒めたのやら、野菜の白湯炒めやら、スープやら…これが「軽い」って、重いのはどんなんよ?という量の台湾料理をいただき、九ふんを後にしました。

その後は、台湾で2番目くらいに大きい 饒河街観光夜市へ。

d0339678_12374011.jpg


d0339678_12374032.jpg


屋台で売られているここが発祥の「胡椒餅」。肉がゴロゴロ感じられる大きさで、とてもスパイシー。パリパリした皮は、パイのように層になっていて、熱々でおいしかった~~。

d0339678_12374022.jpg


台湾の屋台は、水道設備が整っているのでとても清潔なんだとか。
今日の〆に「愛玉子」というゼリーのようなものにレモンシロップを入れて、ドリンクとして売っているものを飲んで、ホテルに帰りました。

初日から、おいしいものがたっぷりで、大満足。さ、2日目もおいしいものを食べましょう。

【スーパークールビズレシピ】きゅうりとミントのグラニテ

体を冷やす素材のきゅうりと、口の中に清涼感をもたらすミントの組み合わせ。
スーパークールビズには、ぴったりのレシピです。どうぞ。

d0339678_12374245.jpg



1.すりおろしたきゅうりとみじん切りにしたミントの葉、水200ml、レモン汁、はちみつを混ぜてバットに流し、冷凍庫に入れる

2.1~2時間冷やして半分くらい固まったところをスプーンで良く混ぜ、もう一度冷凍庫に入れて1時間ほど冷やしてできあがり


簡単ですね~。シャリシャリ感がたまらないグラニテ。
「え?これがきゅうり?」という爽やかな風味ですので、ぜひお試しを。

復興書店に「合格必勝レシピ集」が掲載されました

作家の島田雅彦さんが、
「被災地復興のために著作者たちも何かできないか」
と立ち上げられた 【復興書店】 に、私も自分の著作を寄付いたしました。

d0339678_12371305.jpg


この復興書店は、作者が自分の著作にサインやメッセージを書くことでその本を「プレミアム」にして、買っていただいた金額を被災地への寄付金にしようというものです。
著作は、作者からの寄付になります。

私も、この本を手に取ってくださった方や被災地の方たちが元気になるように、心を込めてメッセージを書いてみました。

もしよろしければ、通常の金額でプレミアム本が買えます。
まだ受験…とお思いでしょうが、備えあれば憂いなし。

どうぞよろしくお願いいたします。

http://fukkoshoten.com/?pid=32804269

【節電レシピ】切り昆布の中華風和え物

朝、書いた原稿がPCのクラッシュで飛んでしまって、
しばらく呆然~~。

韓国料理を習いに行くことになっていたので、書き直す
時間が取れなくてがっかりしたまま出かけたのですが…

参鶏湯の丸鶏を一羽食べて、体力・気力が復活しました!
さ、書き直すぞぉ!!

d0339678_12374399.jpg


スーパーで見かける生の切り昆布。「知ってるけど、
どうやって食べるの?」という声がありましたので、
簡単な和え物をお教えいたします。
  
   
1.切り昆布は、良く洗い、さっとお湯をくぐらせる

2.しょうがとにんにくの千切りしたものに、しょうゆ
  みりん、ごま油、米酢にラー油を加えて混ぜ、そこ
  に1.の切り昆布を入れて和え、冷蔵庫でひと晩寝
  かせたらできあがり

           
1時間ぐらい漬ければ味がなじんで食べられますが、や
はりおいしくなるのはひと晩くらい経ってからです。

【うちエコ!ごはん2周年イベント終了しました】※およそ1分後に音が出ます!

先週6月30日、うちエコ!ごはんの2周年イベント

うちエコ!ごはんの日を祝おう~地球を守るみんなの取り組み~ 

をめでたく開催いたしました。

公式報告は、こちら↓
http://www.u-ecogohan.com/blog_detail/&blog_id=5&id=82


イベントは、トークショーあり、料理あり、テーマ曲紹介ありの盛りだくさんな内容。

昨年の4倍以上の方に生放送をご覧いただいたというデータも出ており、継続の力を感じました。



しかも企業さまからたくさんたくさんのプレゼントをいただきましたので、
ぜひみなさまにご応募いただきたいと思っています。

詳細は、公式報告をご覧ください。

締切は、明日(7/5)の午後3時ですから、ぜひお早目に。
どうぞよろしくお願いいたします。

【レシピ】ヨーグルトハーブサラダ

d0339678_12374389.jpg


たっぷりハーブを使ったヘルシーなサラダです。

ドレッシングも市販のものを使わずに、自分で
作れば油も減らせてさらにヘルシー。簡単です!
  
   
1.ヨーグルトににんにくをすりおろして混ぜ、
  塩、レモン汁、オリーブオイル少々、こしょ
  う少々を混ぜて、ヨーグルトドレッシングを
  作っておく

2.きゅうり、黄パプリカ、トマトを食べやすく切
  ったものに、紫玉ねぎの荒いみじん切りを
  加え、ハーブ類(バジル、イタリアンパセリ、
  ミント)のちぎったものと和えて、1.のドレ
  ッシングをかける