カテゴリ:世界に鍋を広める活動( 24 )

【ランチ紹介】スンドゥブチゲの韓国ランチ

こんにちは。

日本鍋文化研究所という団体で活動していますが、もともと鍋好きなので、いろいろな国の鍋ももちろんいただきます。

昨日は、新橋からちょっと歩いた「門」という韓国料理屋さんでランチを。
一番ベーシックな海鮮のスンドゥブチゲをいただきました。

d0339678_12355534.jpg


パンジャン(小皿のおかず)ももちろんついています。

私なら、これに野菜をたっぷり入れたいな~。
そうそう、以前レシピをアップしたのでした。
http://kirei.biglobe.ne.jp/cooking/180/

d0339678_12355696.jpg


これに卵を落とすとおいしいですよ。次のレシピには、入れようっと。
では、お仕事に戻ります。

【nabelabo】食を心理学とマーケティングから考えるツアーをNYで!

d0339678_12360076.jpg


こんにちは!

もし、飲んでも飲んでも減らないスープがあって、それで

「おなかがいっぱいになったら、止めてください」

と言われたら、自分で自分の満腹度って分かりますか?

実は、そんな実験をしちゃった人がいるのです。

食堂のスープ皿の下に穴をあけて、スープが減ったら自動的に足されてしまう(もちろん、飲んでいる人には分からない)・・・すると、みんな、自分が満腹した時が分からずに、スープを空にしようとして必死で飲み続けてしまう。

また、大きいお皿にのせた肉と小さいお皿にのせた肉。

同じ大きさなのに、満腹度が違う。

そういう「食の心理学」を追求した、コーネル大学のブライアン・ワンシンク先生の特別講義が聞けるツアーがあります。

先生は、本当にチャーミング・ガイ♪

d0339678_12360093.jpg


今回は、そういった心理学の中でも、特に「顧客」に特化したマーケティングのお話しです。

商品をどう売っていくか、その時の消費者の心理とは・・・

さらに今回は、NY郊外のスーパーマーケットを視察して、その工夫や裏側なども事情通の方にお話ししていただきます。

ホテルから航空券、市内のバス移動まで、何の心配もなくパッと出かけられる「食のツアー」。

詳細やお問い合わせは、こちらからどうぞ。

http://nabelabo.jp/ja/news/2013/04/post-2.html#more

【nabelabo】鍋メニューホームユーズの結果が出ました!

こんにちは!
2月、ニューヨークに行く前に、フェイスブックでnabelaboのスタッフが、こんな質問を投げかけました。

d0339678_12360190.jpg


結果は、上記のように、

1位 すき焼き
2位 しゃぶしゃぶ
3位 寄せ鍋・カレー鍋 (同数)

でした。

私は、「ほうとう鍋」のような味噌味がウケると思ったんだけどな~ 

で、行って実際に作った結果が、こちらに発表になりました。

↓↓↓ クリックして見てみてね。

http://nabelabo.jp/ja/news/2013/04/post-1.html

今回作ってみて、いろいろ分かったことがあるので、それら調査結果は、数か月のうちにまとめて、またみなさまに発表できると思います。

日本の「鍋文化」を世界に広めて、世界の人を健康にするためにがんばるぞ~~~!!

【活動報告】Nabe Labo 始めました!(ニューヨーク市場調査編)

日本が誇れる、「鍋物」

ローカロリーで野菜がたっぷり食べられて、作り方が簡単で、
しかも家族団らん、パーティにもぴったり。

これを生活習慣病に悩める米国他の海外に伝えて、世界中を
健康にしちゃおうじゃないのっ!

ついでに、日本の良い食品を海外に紹介したい。
それも、ちゃんと海外の人たちが家庭で作れるように。

そんな思いを持った友人たちと、1月末に

「日本鍋文化研究所」という組合を立ち上げました。

そして今回、その活動で、鍋メニューのホームユーズ調査の
ためにニューヨークに行ってきました!

12時間飛行機に乗って、JFK空港でビジネスパートナーに
迎えられ、「いざNY!」と実感する間もなく、

「スーパーの視察、行きますよっ!」

d0339678_12360790.jpg


d0339678_12360757.jpg


この日は4件。

次の日は、デパート、ショップを含めて3件、4件???
とにかく、分からないくらいたくさんのお店を回って、
市場調査をしてきました。

途中、走りながら、「あ!かわいい!」「この色すてき!」と
買ったものが、これ。

d0339678_12360702.jpg


今年、あと何回か行く予定なのですが、行くたびに派手に
なりそうな自分が怖い。。。             (続く)