カテゴリ:世界に鍋を広める活動( 26 )

【旬の簡単料理】たけのこご飯

昨日は、母の日でしたね。夜中の1時過ぎ、まさに今、
電気を消そうとした時に、次男と三男の部屋から、

「あっ!夕飯の時に渡すの忘れたじゃないか」

という声が聞こえて、にゅーっとカーネーションがドア
から見えました。

「遅くなってごめん。もう、母の日終わっちゃったから、
起きて自分で花瓶に入れて。じゃ、おやすみー」

そ、そうね。そのままにしておけないものね…眠いけど!


さあ、今日の一品です。

d0339678_12353788.jpg

     
=========================
 今日の一品   
       たけのこご飯
                        
=========================

この季節ならではのフレッシュなたけのこを使った、た
けのこご飯。ぜひ年に1度、楽しんでください。

     
1.水煮したたけのこは細かく切り、油抜きをした油揚
  げとちりめんじゃこと一緒に鍋に入れ、醤油・塩・
  少量の日本酒でさっと煮る
    
2.煮汁と水を合わせて、炊飯器に普通に洗った米と一
  緒にセットし、1.の具を加えて炊き上げる

3.スィッチが切れる寸前に、絹さやの細く切ったもの
  を入れ、スイッチが切れたらサックリ混ぜて出来上
  がり
    
              
味は、最後に水と合わせて米の1.2倍量にした時、す
まし汁より少し濃いくらいになるといいです。水加減を
するときに味見して、足りなかったら、そこで調節して
ください。
 
たけのこの香りを楽しむため、醤油は少なめにして、塩
できっちり味をつけてくださいね。

味付けのコツは、まずしょうゆを先に入れて色を決めて
から塩で味を決めることです。


※たけのこの水煮については、こちらに掲載しました。
→ http://tinyurl.com/r-recipe3

今年は、こんな組み合わせになっちゃいましたけど。

d0339678_12353761.jpg

(↑あ、こら、撮ってるそばから箸が・・・)



前回のメルマガで書きました、ニューヨーク出張につ
いては、こちらのブログに書きました。
→ http://yasui-reiko.kireiblog.excite.co.jp/201405/

さて、ニューヨークはこれで3度目ですが、今回初めてブロードウ
ェイを観に行くことができました!

英語の理解力が不安なので、日本で観たことのある、「マン
マ・ミーア」に決めて、ネットから予約。

聞きなれたアバの音楽と、本当にすばらしい舞台に感動!

特に、主役のジュディ・マクレーンを始めとする、お年上の
マダムたちの迫力歌声とダンスに、同じくお年上の私はとっ
てもとっても感激しました。

最後にはもちろん劇場全体でスタンディング・オベーション。
そして、歌に合わせて踊りまくりました。

…で、膝の上にあった携帯がどっかに吹っ飛んでしまって、
終演後にコソコソ探し回ったことは言うまでもありません。

さて、次はどこに出張かな~


【海外出張報告】ニューヨークに行ってきました!

ご無沙汰していました。

NPOの決算やら出張やら、何やらかにやら(ゆっくりご報告します)が重なり、更新が滞りましてすみません。

まずは、ニューヨークでのお仕事のこと。
(食べ歩きは、また後でね)

4月の1日、東芝テックさんの新しいkioskマシンに日本の鍋料理レシピを搭載?したので、実際にその鍋料理を海外の方に紹介するために、ニューヨークまで行ってきました。

d0339678_12353717.jpg


シャブシャブ、すき焼き、おでんの3種類を作って試食販売しましたが、おでんなどは、お店の冷凍庫から商品が無くなるほどの大好評。

海外向けのデモンストレーションには、ちょっとしたコツがありますね。

日本の食文化を広めるのに、色々役立つことが学べました。

では次回から、楽しい食い倒れないぞ、ツアーの様子をお楽しみください。

【簡単レシピ】エビの生春巻き

日本の桜を楽しむ余裕もなく、本日からニューヨークに
行ってきます。…エイプリルフールじゃないです。

で、「連絡したいから、LineのID教えて」と言ったら、
息子たちに拒絶されました。

みんな成長したのね!そう思うことにしました。うぅ。


さて、今日の一品です。
     

d0339678_12353856.jpg


生で食べられるライスペーパーさえ手に入れば、好きな
ものを包むだけの簡単な春巻です。

簡単きれいなので、お花見弁当にもぴったりですよ。
  
     
1.エビは塩少々(分量外)を入れた湯で茹でて殻を
  剥き、チャーシューは細切りにする

2.もやしは、薄手の鍋で30秒程度火を入れ(電子レ
  ンジでも良い)、春雨は茹でて短く切っておく

3.ライスペーパーは、水をくぐらせてからまな板に
  置き、2.のもやし、春雨、食べやすく切ったニ
  ラをのせて巻き、1.のエビと好みのハーブをの
  せて端までしっかり巻き上げて皿にのせ、スイー
  トチリソースを添える

4.2枚目は、エビの代わりにチャーシューをのせ、同
  じように巻く


***

先週水曜に決まった出張に3月末のいろんな処理が重な
って、バタバタと支度をしています。

原稿などは、日曜までに仕上げたつもりなのですが、
何か忘れているような気がする。。。。

あ、そうだ!今日は長男の入社式でした…今、やって
ると思います。

三男たかぼうは、今日釣り部の合宿から帰ってきます。

で、来週は次男の大学の入学式です。

…忘れてたのって、それだっけ? 思い出せないので、
とにかく、いってきまーす!

【旬の簡単レシピ】秋の吹き寄せ煮

経産省クールジャパン・マッチンググランプリという大会
で、プレゼンテーションをしてきました!

「ニコ生」というインターネット生放送も同時中継され
ていて、視聴者の感想というのが画面上に流れるのです
が、自分の顔の上をコメントが流れるのがなんとも。。

「鍋おかん」とか「かあちゃん」とかいうコメントが出
た時には、家で見てくれている息子が打ったのかとドキ
ドキいたしました…


さあ、今日の一品を始めましょう。
     
d0339678_12354372.jpg


秋らしいきのこをたっぷり入れた、簡単煮物です。

1.むき海老は、酒と塩少々、片栗粉少々をまぶす

2.えのき、しめじ、エリンギを食べやすい大きさに切
  って、出汁を入れた鍋に冷凍コーンと一緒に入れる

3.沸騰したら1.の海老を入れ、塩としょうゆ少々で
  味をつけ、最後に茹でたぎんなんを散らしてできあ
  がり



※当日のプレゼンは、有料会員でないと見られない?よう
なのですが、その後のインタビューの様子は無料の会員
登録でご覧いただけると思います。

1時間42分頃です↓
http://live.nicovideo.jp/watch/lv157486173

また、日本鍋文化研究所(鍋ラボ)では、47都道府県の
鍋料理を食べる会を定期的に開催しています。

次回は14日木曜日。どなたでもご参加いただけますので
鍋料理大好き、鍋ラボに興味がある方は、ぜひどうぞ。

今回は、大阪のてっちりを銀座で食べます。
http://nabelabo.jp/ja/news/2013/11/nabelabo-no.html

では、また次回!

鍋の勉強会を開催しています!

こんばんは!

定期的に開催している、「日本の47都道府県の鍋料理を食べる勉強会」ですが、今回は【大阪編】で、てっちり鍋でございます。

↓前々回は、東京編のすき焼きでした。

d0339678_12354465.jpg


あと3名様ですが、ご参加いただくことができます。

11月14日、一緒に鍋を食べながら夢を語り合いませんか。

詳細は、こちら↓お待ちしております。


http://nabelabo.jp/ja/news/2013/11/nabelabo-no.html

【お仕事】クールジャパン・マッチンググランプリに登壇しました

こんばんは。

本日は、経済産業省「クールジャパン・マッチンググランプリ」に日本鍋文化研究所のプレゼンターとして登壇してきました。

その様子は、ニコニコ生動画でも放送され、「鍋おかん」とかいう新名称をいただきました。

まあ、自分でもそのイメージだったので、ニコ生視聴者の名称付けはうまいなぁと感心した次第です。

たった5分でギチギチのプレゼンでしたが、「鍋料理を家庭料理として世界に輸出したい」という気持ちは伝わったかなぁと思います。

これは、プレゼンが終わってフォトセッション。

d0339678_12354492.jpg



衣装をつけたキワモノが主に呼ばれましたので(笑)、こーんな写真になりました。
鍋おかん、いいよね~~。

【お仕事紹介】経産省CoolJapanビジネスマッチングに出演します

来週水曜日(10/30)、

経済産業省のCoolJapanビジネスマッチンググランプリ

に、プレゼンターとして日本鍋文化研究所が登壇いたします。

私もある格好をしてちょこっと出る予定。

その様子は、ニコニコ生動画でも見られるそうです。

応援お待ちしています!

CoolJapanに興味のある方、鍋料理の好きな方、聴講お待ちしています。

申込み、今日の12時までだった!

http://cj-matching.jp/

【防災レシピ】防災の日に食べたい、鍋料理

更新が遅くなりましたが、今日9月1日は「防災の日」でしたね。

日曜日でしたので、学校での避難訓練などがなかったご家庭もあったのでは。

さて、防災の日にご自宅にある防災グッズを見直す方も多いと思いますが、中に入っている防災食は、どうしていらっしゃいますか?

例えば、このようなアルファ米。

d0339678_12354835.jpg


そのまま食べても良いのですが、このまま食べるのはちょっと・・・と思われた時には、おかずを「鍋料理」にしませんか?

今年、ニューヨークで鍋料理の調査をした時に、

「さて、〆の雑炊はどうしよう? 日本なら古ごはんが冷蔵庫にあるけれど、アメリカの家庭には炊飯器もないし」

と思案をして、スーパーで見つけたのがこのインスタントライス。

d0339678_12354888.jpg


これを鍋つゆの中に入れると、立派な雑炊があっという間に!

d0339678_12354850.jpg


これにはみんな大喜び。この子は3回もお代わりしました。

「防災食を入れっぱなしにするのではなく毎年食べましょう」とよく言われますが、何となく手が出にくいこともあります。

でも、これなら普通のごはんより手軽においしくできますよ。
ぜひお試しください~~。

英語漬けの1週間(汗

こんにちは。
先週は、半ばに大きなイベントがあったのと、そのために海外からいらした先生の送迎、おもてなしなどで、1週間走り回りました。

(最終日は、先生の飛行機に間に合わないと!と券も買わずに成田エクスプレスに飛び乗って、一緒に東京駅まで行くというまさに走った1日でした)

d0339678_12355055.jpg


でも、1年前に自分が海外の先生と会話をしながら、あちらこちらを案内したり、英語だけの100人規模のカンファレンスに出るなんて、想像もしなかった。
(理解できたのは10%ぐらいだけど。。。)

人生、本当に何があるか分からないねぇ。

でも、世界中の人と話せるというのは素晴らしいことだから、これからも言語含めて自分自身のブラッシュアップをがんばろーと思います。

とりあえずのご報告で、詳細はまた後程アップいたしますね~~。

【食の講演会】ブライアン・ワンシンク教授緊急来日講演会のお知らせ

食品メーカーのみなさま
どうしたら海外で物が売れるのかを知りたいみなさま
マスコミ関係者のみなさま

今年の3月、私がNYでお目にかかったコーネル大学の教授が、今月末来日をされて講演をされるというので、そのお知らせです。

先生は、現在日本の厚生労働省・農林水産省で使っている「食事バランスガイド」ですが、この元になった米国農務省が推奨しているフードガイドピラミッドを作られた方です。

現在も、オバマ大統領夫人と一緒に、米国の子どもたちのために活動をされています。

ただ、今回来日での講演が初めてということもあり、できるだけ多くの方にお話しを聞いていただきたいと思っています。

d0339678_12355022.jpg

↑とてもチャーミングな先生です。

ブライアン・ワンシンク教授緊急来日講演会
食品事業の販路拡大・海外進出支援フォーラム 食のブランド戦略で消費者の心をつかむ方法


現在、Cool Japan戦略でも語られるように、国をあげて「食」を応援し、海外進出ができるほどに特化しようと力を入れています。

そこで、日本より市場が10年進んでいると言われている米国において、徹底したブランド戦略で日本の食品を大成功させた事例の紹介と、コーネル大学のブライアン・ワンシンク教授を招いて、日本の食品会社、また外食産業、地方食関連企業が、どのようなマーケティング戦略を実践すればブランド力がアップするのか、消費者の心理から見た企業がすべき取り組みはなにか、などを熱く語り合うフォーラムを行います。

今よりもさらに販路を拡大したい、海外進出まで考えたいと思っていらっしゃる「食」関連企業のみなさまには、きっと大きなヒントが得られるフォーラムです。

ひとりでも多くの方に聞いていただくために、参加しやすい金額設定になっております。ぜひ、企業単位でお申込みください。(日本語訳の講演資料付き)

食品、食材、調理器具、食品包装、食品展示、輸出など、食品に限らず、食回りに関するビジネスをされている方、ご興味、関心のある方は是非ご参加ください。


日時 2013年7月31日(水) 午後1時~4時(12:30開場)

会場 品川区大井町 きゅりあん 小ホール
(京浜東北線・りんかい線大井町徒歩1分)

内容 12:30 開場
    13:00~14:30 ワンシンク教授による「消費者の心をつかむ食のブランド戦略」
    14:30~15:30 日本企業に学ぶ、食の海外進出成功事例
    15:30~16:00 米国マーケット市場 食のブランド戦略について

参加費 1人 10,000円(事前振込)  12,000円(当日現金)
      1団体 30,000円
     (事前振込のみ。何人のお申込みでも金額は変わりませんので、企業で複数人のお申込みの場合、大変お得です)
     学割あります!(詳細はお問い合わせを)

*日本語訳の講演資料を含めた「グローバル市場における鍋&日本食文化白書(抜粋)」のお土産付き 

詳細・お申込みは、こちらから

http://nabelabo.jp/ja/news/2013/06/post-3.html

会場で司会もやらなくちゃならないので、バタバタですー。