カテゴリ:日本の食料自給率と私たちの食卓( 11 )

【特集】牛のブランド化の例

食に対する考え方などを連載する「特集」です。
────────────────────────────────────

  日本の食料自給率と私たちの食卓・36

────────────────────────────────────

前回に引き続き、ブランド化のお話しです。

生産者自身が自分のアピールポイントをブランド名に盛り込むことは、強調したいところが分かりやすくなる半面、全体の基準がボケてしまうことになります。

分かりにくいので、仮定の例を上げてみますと、

例えば、豊島区に「豊島牛」という牛がいたとして、それは戦前から豊島区で買われてきた赤毛の和牛だったとします。

その中のある生産者が、「うちの豊島牛は、その中でもエサまですばらしいものにしたから、特にすばらしい牛なんだ」と言って「すばらし豊島牛」と名付けたとします。

「すばらし豊島牛」は、生産者が使用するエサがすばらしいことをアピールするのには有効ですが、その他の豊島牛のエサが良くないような印象を与えてしまいます(例え同じ品質のエサだったとしても)。

                          (次回に続きます)


今後少しずつブログ移行していきますが、今までの食料自給率の話を全部読みたい方は、こちらを最初からどうぞ

クリックです→ —日本の食料自給率と私たちの食卓—