2015年ミラノ国際博覧会(EXPO Milano 2015)レポート【その4その他の国、環境への取組み編】

ドイツの次は、その他の国のパビリオンを「食と環境」に着目して見てみましょう。
d0339678_09484245.jpg
カザフスタン。
ここは、次回のExpoの開催地ということで、気合いの入り方が違います~
d0339678_09491110.jpg
入口の前にも大きなステージが設えてあって、美しいダンスやらカザフスタンの五木ひろしさんのような歌謡ショーやらが繰り広げられています。
そして中では、
d0339678_09560839.jpg
右側の女性が、なんと砂をその場で動かして、カザフスタンの歴史を砂絵で表しています。
その流れるような手の動きと、とらえられるシーン、一瞬の後には砂に返ってしまう様子に、長い歴史が砂粒のように過ぎ去るはかなさが心に直接突き刺さります。
国土の半分近くが砂漠であるこの国だからこその素晴らしいパフォーマンスでした。

d0339678_09553871.jpg
その後は映像で、砂漠や「友達」でもある馬との関わり、そして次世代への街の変化などを見ます。
進化だけではなく、今ある環境との融合についても考えさせられました。
d0339678_09545474.jpg
そうそう、馬といえば、馬乳も飲めるのですが、「すっぱいので注意」という指示があります。
「え?乳ですっぱい?」と口にすると、ふーん? あれ? ええ? すっっっっぱ!!! 
ヨーグルトなんてもんじゃない、レモンのような酸っぱさでびっくりしました。はい、要注意です。

d0339678_10165904.jpg
スイスも面白かったですねぇ。
d0339678_10183475.jpg
パビリオン全体に段ボールが積みあがっていて、そこには、
d0339678_10192019.jpg
塩、水、ドライフルーツ、インスタントコーヒーがぎっしりと入っています。
これは、会期の最初に納入したもので、
「資源は有限なので、ひとりがたくさん取っていくと、会期終了前に他の人の分がなくなります。自分のことだけでなく、他者のことも考えて生活しましょう」
というのを体現させたものだそうです。
(写真は塩です。私ももらいましたが、この塩の箱がいい加減な作りでポロポロ漏れてきてしまって、鞄の中が大変なことになりました!)

フランスもおもしろかった。
d0339678_10275122.jpg
特にパフォーマンスがあるわけではなく、パビリオンの中をブースに区切るわけではない、単なる建物なのだけど…
d0339678_10284399.jpg
じーっと見ると、天井やら壁やらに、フランスの食の文化を支える食材や調理器具などがぎっしりと詰まっていて、その奥深さに「ほー」っと見入ってしまう。
d0339678_10291497.jpg
そしてすばらしいのが、フランス館の入り口の庭。
1年近くある会期の中で、常に緑と花や実が見られるように選んで配置された植物の美しかったこと。
「くどくど解説はしない。フランスの農業に対する取組みを見てくれればいい」
というフランスの姿勢を感じました(全く違ってたら失礼~)。

あ、書ききれなかった。まだ続きます。















<< 【テレビ出演のお知らせ】1月2... 2015年ミラノ国際博覧会(E... >>