【コンセプト】皮を剥くの、剥かないの?

食に対する考え方などを連載する「特集」は、私の料理のコンセプトです。

————————————————————————————
 
         このメルマガの調理の基本
    
      1.皮をむかない・アクを取らない全体食
      2.皮をむかないから、良い材料を使う
      3.旬・地産のものを使う
            
—————————————————————————————
 
このメルマガでは、ローオイル、ノンシュガーで野菜たっぷり。身体にやさしくて、滋味あふれる美味しい料理を毎日一品お教えします。
 
「1.全体食」の中で、「ただし、里芋の皮のように、食べられない皮はむきます。」と書きますと、「うちは里芋の皮を食べてましたが、毒でしょうか?」というお問い合わせをいただくことがあります。
 
里芋の皮も、たわしで擦って取れるほどなら剥く必要はありません。
ただ、冬場のごわごわした固いものは、口に残るので剥きます。
  
じゃがいもも同じで、新じゃがややわらかいものは食べますが、固いものは剥きます。(コロッケなど、つぶして分からなくしてしまうものは、あえて剥きません)

ただ、じゃがいもの芽や皮に日が当たって緑になったものには、ソラニンという毒ができていますので、必ずきちんと剥いてください。
  
                          (次回に続きます)
<< 【レシピ】コーンごはん 【レシピ】ガスパッチョ >>