【コンセプト】野菜でもアクを抜く時とは

食に対する考え方などを連載する「特集」は、私の料理の
コンセプトです。

———————————————————————————
 
      このメルマガの調理の基本
    
    1.皮をむかない・アクを取らない全体食
    2.皮をむかないから、良い材料を使う
    3.旬・地産のものを使う
            
———————————————————————————
 
このメルマガでは、ローオイル、ノンシュガーで野菜たっぷ
り。身体にやさしくて滋味あふれる美味しい料理を毎日一品
お教えします。
 
アク抜きをしなければならないのは、割と自生に近い状態で
育てられたものや、季節を外れているもの、取れてから時間
の経っているものです。

ごぼうなどは、お店で何日も置かれることがあるので、アク
がきつくなることもあります。その場合には、皮をこそげた
りさっと洗ったりします。

どの場合も、最初から「アク抜きする」と思い込まずに、
「これはどうだろう?」と味見をしてみたり、ちょっと皮を
剥いてみることです。

えぐ味が強かったり、皮を剥いてすぐに黒くアクが出るよう
なら、アク対策をすればいいのです。全て、野菜に合わせて
臨機応変ですね。  
                  (次回に続きます)
<< 料理バトンって何!? 【レシピ】秋鮭のタジン >>