【コンセプト】旬・地産を使う

食に対する考え方などを連載する「特集」なのですが、前
回の最後が9月でしたので、思い出せない方は、
ぜひこちらでごらんくださいませ。

食に対する考え方などを連載する「特集」は、私の料理の
コンセプトです。

——————————————————————————
 
      このメルマガの調理の基本
    
    1.皮をむかない・アクを取らない全体食
    2.皮をむかないから、良い材料を使う
    3.旬・地産のものを使う
            
——————————————————————————
 
このメルマガでは、ローオイル、ノンシュガーで野菜たっ
ぷり。身体にやさしくて滋味あふれる美味しい料理を毎日
一品お教えします。
 
前回は、「よい材料を使う」というお話をしました。次は、

3.旬・地産を使う

旬のものは、安くておいしい。ビニールハウスも使わない
から、よけいな農薬も不要。省コストで、省エネルギーで
もあります。
地産のものも同じ。安くておいしいのです。

そして、旬・地産には意味があります。
   
夏場には身体を冷やす素材、冬場には身体を温める素材が
できます。
熱い地方では身体を冷やし、寒い地方では身体を温める素
材がつくられます。
   
旬と地産を大事にすれば、健康になれます。これを調理に
応用します。
    
迷ったときは、「三里四方(大きく見て、トラックで運べ
る範囲と考えています)で、今できているもの」をいただ
きましょう。
                 (次回に続きます)
<< 冬はやっぱりシチューでしょう 【レシピ】れんこんのごまごまキンピラ >>