【レシピ】ものはなくても、彼岸のぼたもち(おはぎ)

震災の影響で、いろいろご不自由な方もいらっしゃるでしょう。

「ばあちゃんの好きなぼたもち、供えられなかった」

という方もいらっしゃるかもしれないと思い、いろいろな作り方のぼたもち(おはぎ)を紹介します。

まずは、「もち米がない」という方のために、普通のお米と切り餅で作る【めちゃ簡単おはぎ】です。

d0339678_12375359.jpg



1.炊飯器に普通に研いだ米を入れて、普通の水加減で
  セットをしたら、その上に2~4つに切り分けた切り餅
  をのせ、塩ひとつまみを入れて普通に炊き上げる

2.水で濡らしたすりこ木で1.の米を搗き、まだツブツブ
  が少し残るところまで搗いたら、手を濡らして楕円形
  に丸め、餡をまわりにまぶす
    
    
餡は、小豆と水、小さく切った昆布を入れて火にかけ、柔らかくなるまで煮たら、黒砂糖とはちみつで味をつけながら潰していきます。

餡を中心にして、周りに塩少々を入れたきな粉をまぶしてもいいですね。


また、「小豆がないわ」という方には、さまざまな野菜の餡はいかがでしょう。

こちらは、緑鮮やかなずんだ餡。冷凍の枝豆でもできますよ。

d0339678_12375361.jpg


1.枝豆は塩を入れてもんでから、やわらかめに茹でる
  (冷凍の茹で枝豆は、解凍する)
  
2.皮をむいた枝豆をすり鉢ですりながら、はちみつと
  てんさい糖(砂糖可)を少量ずつ加える。
  塩もごく少量加えて混ぜる

 
薄皮を剥かないとちゃんと潰れませんので(フードカッターなら潰れます)、面倒でしょうが薄皮も剥いてください。

すり鉢がない場合、時間がない場合は、薄皮を剥いた枝豆を厚手のビニール袋に入れてまな板などの平らなものの上に置き、上からマッシャーや重たいもので潰すと簡単です。


かぼちゃでもできますよ。

d0339678_12375372.jpg


さつまいも餡、さといも餡などなど、でんぷん質の多い野菜なら大抵できます。
もち米や餅のない方は、普通のうるち米(白米)でも大丈夫です。半分つぶして丸めるだけ。

いろいろご不自由で大変でしょうが、暑さ寒さも彼岸まで。

暖かい春が、もうすぐ来ることでしょう。
<< 【節電・省エネレシピ】きゅうり... 【節電・省エネレシピ】塩ダレキャベツ >>