【節電・節水・エコの知恵3】水や鍋がなくても

——————————————————————————

     節電・節水・エコの知恵3

——————————————————————————

今日の料理でも書きましたが、缶詰は、日持ちがしま
すし、密封されていますので、災害時にはとても便利
なものだと思います。

トマトの水煮缶の中身を半分出して、そこの上記の材
料を入れれば、鍋がなくても煮炊きができますね。
(そのために、水を使わないレシピにしてあります)

ただ、これはメーカーでは推奨はしていませんので、
あくまで、どうしても調理道具がないなどの場合に、
そういう知恵もあるのだということだけを頭に入れて
おいてください。

あれがない、これがないという状況の中では、人の知
恵が最も役に立つ道具ですね。


《追記》

アメリカの古い映画などで、カウボーイや兵隊が缶詰
や鍋からこのチリビーンズ(ポークビーンズ)をすく
って食べているシーンがあり、あれは何だろうと子供
心に思っていたものです。

大人になって、ポークビーンズの缶詰を実際に食べて
みて、甘ったるさにびっくりしたのですが、日本の煮
豆も甘いので、何か共通するものがあるのですね。

実は私たちがキャンプをするときには、オイルサーデ
ィンや蒲焼の缶詰などを網に乗せて軽く炙ることがあ
ります。

もちろん、フタは開けて、オイルサーディンのオイル
は少し捨てて、火がつかないようにしてますが。

アツアツのオイルサーディンとビールって、めっちゃ
合いますよね。
<< 【節水レシピ】炊飯器のカルボナ... 【節電・省エネレシピ】缶詰で作... >>