台湾食い倒れないぞツアー2011(2日目)

昨日は夜遅くまで食べていたというものの、今日は観光バスに乗るので、朝食はしっかり食べておこう!

ということで、ホテルのお粥バイキング。

d0339678_12373543.jpg


食べ過ぎ? あ、これ、同行者のも入ってます。ご心配なく。
中華風のグリーンカレーっぽいのが、おいしかったな。

d0339678_12373594.jpg


さあ、観光バスで出発!こんなところ(孔子廟)とかいろいろ(…って、それだけかい!)

d0339678_12373528.jpg


で、楽しみにしていた「お茶セミナー」。
いろいろなお茶の説明を受けながら試飲することができます。名物なのは、

d0339678_12373649.jpg


こちらのおばちゃま。今、旅行会社の台湾ツアーのCMにも出ていらっしゃいますね。
80歳を過ぎてもなお声に張りがあり、動作もきびきびと。

「台湾茶、飲んでるからよ!だからみなさん、買うといいねー」(すばらしいプロ根性!)

d0339678_12373645.jpg


これは私の大好きな、「高山茶」。焙煎していないので、緑茶に近い色でしょう。でも緑茶よりも甘味が強く、烏龍茶よりもフレッシュな香りがするので、胸がスキっとします。
一緒に置いてあるのは、「蓮の実」。甘納豆のように砂糖掛けしてあります。

d0339678_12373691.jpg


こちらは台湾茶の中でも特に希少な茶葉の「東方美人茶」。ある一時期にある特定の場所でしか取れない茶葉で、紅茶のような香りがします。(色もね)

この後さらに、プーアール茶やジャスミン茶など、何種類かのお茶をたっぷり試飲しました。女性は嬉しかったけど、ツアーで一緒の男性たちは、お茶だけにちょっと渋い顔になっておりました(笑)。

d0339678_12373693.jpg


さあ、お昼は、台湾料理をたっぷり!
一般的な観光ツアーでよく行くという、「レストラン・梅子」。
ツアーで行くのだから…とそれほど期待していませんでしたが、どうしてどうして、生きの良いお魚たちのディスプレイ。おお、いい感じ。

d0339678_12373689.jpg


これは、前に台湾料理の先生に教わったことのある、「干し大根やひき肉の入った卵焼き」。おいしいのよねぇ、これが。

d0339678_12373611.jpg


日本でもおなじみ「豚の角煮(東坡肉)」。このお料理が、のちのち語り草になります。

d0339678_12373604.jpg


変哲のない「キャベツの塩味炒め」ですが、キャベツがやわらかくて甘い。

d0339678_12373677.jpg


カレイのような「さかなの蒸したもの」。基本はお醤油味。

d0339678_12373601.jpg


「イカときゅうりのピリ辛炒め」。私もよくきゅうりと豚肉を炒めるのですが、イカもおいしかったなー。味はピリッと豆板醤がきいていて、これにそっくり。 え、自画自賛??(笑)

d0339678_12373694.jpg


あー、この「白身のすり身のスープ」もおいしかったなー。すり身のうまみがギュッだった。

d0339678_12373663.jpg


溢れんばかりの「麻婆豆腐」。台湾の麻婆は、花山椒ではなくて唐辛子の辛さ。ヒリヒリしないところが、食べやすいですね。

d0339678_12373626.jpg


これはツアー客一同が、「おいしー!」と声を上げた、「台湾牡蠣と玉ねぎのトウチ炒め」。
台湾の牡蠣は、小指の先くらい小粒なんです。そのエキスを玉ねぎが吸って…ごはんがすすむー。

d0339678_12373603.jpg


後は、フルーツと杏仁豆腐。マンゴープリンをオススメされたんだけれど、今日は杏仁で。
全員で残すことなくいただきましたが、もうおなかいっぱい過ぎる。。。

さあ、このおなかを抱えて「国立故宮博物館」へ。

d0339678_12373616.jpg


そこで遭遇したのが、

d0339678_12373648.jpg

(現場はカメラ撮影禁止なので、国立故宮博物館のサイトからお借りしました)

何と、先ほど食べた「豚の角煮(東坡肉)」をメノウ(瑪瑙)で作った【肉形石】という作品。
清の時代のものとか…

しかし、いくらそっくりのものを見つけたからといって、宝石を見つけた時に、
「よっしゃー、これを豚の角煮にして皇帝に献上しよう!」
って、考えるものかね~?
それを喜んで受け取る皇帝…どんだけ食べることが好きなわけ!?

食へのあくなき追求というか、それをこの博物館の代表作として展示している台湾すげー!と思った博物館でした。作品の解説を読むと、さらに笑えます。

このほかにも兵隊さんの行進を見たり、なんやかんや(…で、またもそんだけ)ツアーも終わり、晩ごはんの時間に。

台湾で食べたかったもののリストナンバー2、「牛肉麺(ニューロン麺)」を食べに行こう!ということで、先生に伺っていたお店にタクシーで乗り付ける。…と、

d0339678_12373684.jpg


想像していたのとはちょっと違って、いかにも町の定食屋さん風のところ。入口でお惣菜を選んで、自分の席に運びます。ジュースも自販機で買って持ちこむシステム。
分からないながらも、目的の「牛肉麺」を。おお、牛のお出汁がきいてる。

d0339678_12373636.jpg


牛ダシがおいしいので、何も具のない「牛肉湯麺」(湯とつくと、スープだけで具がないものになる。かけそばみたいなもの)と、「魯肉飯(ルーローファン)」、「スペアリブ(排骨)の甘辛煮」。

d0339678_12373609.jpg


で、私はとっても満足したのだけれど、いかにも町の定食屋さんだったものでビールすらなく、同行のダンナは不満ぶつぶつ。。。

でも台湾の夜は長いので大丈夫。夜市に行けばいいのよ、夜市に。

d0339678_12373732.jpg


チーズや卵、好みのソースをトッピングしてくれる「薄焼餅」。熱々のチヂミみたい。

d0339678_12373765.jpg


まんま絞っただけのスイカジュース。

d0339678_12373780.jpg


ビールを買ってご満悦のダンナがチョイスしたのは、「関東煮」と書いてある屋台の「おでん(そう、ひらがなでおでんと書いてある)」。
次の日、地元のスーパーに行ったら、まさにこれが売っていて「紀文」のラベルが…
なぜここまで来て、紀文のおでんかねー?と、膝が崩れ落ちそうに。。。で、でも、ピリ辛の味噌ダレがついているのが台湾っぽい。

d0339678_12373706.jpg


「やっぱりおでんはおいしいよ~。キミも食べなよ!」

と、さらにさらに大満足になったダンナ。せっかく選ぶんなら…と、私は不気味に浮いていた見たことのない2種類をチョイス。
白い方は、「白ゴーヤ」だった。苦くないから、おでんもおいしい。
で、紫の四角のものはむっちりした歯ごたえだったので、てっきり「古代米のちまき」風のものだと思って、みんなに、

「きっと古代米のもち米でちまきにしたんだよ。おいしいよ!」

と食べさせてしまったけれど、帰って調べたら、「猪血糯(チューシェガオ)」という、豚の血をもち米で固めたものだった。
私は平気だけど、ダンナは聞いただけでおなかが痛くなるに違いないので、これは一生の秘密にすることに…

そんなこととは露知らず、台湾の夜は更けていくのであった…
<< 台湾食い倒れないぞツアー201... 安井レイコの【エコ楽レシピ】サ... >>