【エコレシピ】豆苗のガーリック炒め

豆苗(とうみょう)は、グリーンピースの芽。さっと炒めるだけでおいしく食べられます。炒め物も、こうすればローオイルでできるのよ。

d0339678_12372783.jpg

 
     
1.フライパンにごく少量(小さじ1/2~1)のゴマ油を入れて弱火にかけ、にんにくのスライスを入れて、じっくりと香りが出るまで炒める
        
2.強火にしてえのきと豆苗を洗ってざっと水気を切ったものを1.のフライパンに入れて全体に炒め、塩・こしょう・しょうゆで調味する
    
    
とにかく、にんにくの下に敷くくらいの油でいいんですよ。えのきも豆苗も水分が多いので、火を入れれば勝手にしんなりしてくれます。
 
手早さが勝負。香りが出るまでは弱火、野菜を入れる前に強火にしてね。
 
好みで、2.にタカの爪の輪切りを加えて、ピリ辛にしてもいいですよ。


あとね、知らない人が多いようなのだけれど、豆苗は食べ終わったら豆の部分に水を注いであげると、また伸びてきて収穫できます。
(4~5日前に食べて、伸びている我が家の豆苗)

d0339678_12372709.jpg


コツは、水でびしゃびしゃにするのではなく、1日1回水を注いで余分な水を捨てること。アルファルファやかいわれなどの豆もやしは、スポンジに根が着いたらこうやって1日1回の水すすぎをすると良いようです(リンスと言います)。

おいしくって、栄養があって、とっても経済的な豆苗。ぜひ食べてみてくださいね。
<< 思春期の子供と親のコミュニケー... 【レシピ】カリカリ梅としらすの... >>