【節電・節水の知恵14】保温調理リターン(復習です)

——————————————————————————

     節電・節水・エコの知恵14


——————————————————————————

食まわりでできるエコなことの続きで、前回はフタをして
調理をすると短時間でできるという話をしました。

同じく短時間で料理ができるものといえば、前にもお話し
しましたが、保温調理です。復習しますね。

4.保温調理を利用する。
 
おでんやポトフなどがおいしい季節ですが、一定の温度で
煮るのは難しいものです。

火をつけっぱなしでずっと煮ていると、水の対流で煮崩れ
も起きます。
 
そこで、保温調理をしてみましょう。
 
専用の鍋もあるようですが、わざわざ買わなくても、熱々
の鍋を新聞紙で包んだり、古い毛布で包んだりすればいい
のです。
 
シチュー、煮物、みそ汁、ごはんなどなど、保温調理でお
いしくできるものはたくさんあります。

火口も空くので、一石何丁にもなりますね。

夏の間は注意が必要でしたが、これからの季節は、ぜひこ
の保温調理を利用してください。
                (次回に続きます)
<< 【応募お待ちしています!】小冊... 【あったかレシピ】八戸せんべい... >>