【節電・節水・エコの知恵16】料理に下ごしらえは必要か?2

——————————————————————————

     節電・節水・エコの知恵16

——————————————————————————

「下ごしらえをしない」について、具体的にお話します。
 
こんにゃく(今では下茹での不要なものも増えましたが)、
タケノコ、山菜など、アクが人体に害のある場合は、昔
からの方法でアクを抜きましょう。
 
けれど、「野菜」といって市販されているものは、アク
味を少なくし、人体に害がないように改良をされたもの
が多くあります。
 
ですから、ほうれん草でもごぼうでもれんこんでも、下
茹でしたり、水に晒したりする必要がないのがほとんど
です。

ただし、採ってから時間の経ったもの、旬を外れている
もの、農薬・化学肥料を多用しているもののアクは、え
ぐみになったり臭みになったりすることがあります。
 
その場合は、それぞれに適切な方法でアクを抜いていき
ましょう。

まずは、「アク抜き、水晒しが必要かどうか」を考える
事が大切です。
                  (次回に続く)
<< 明日、テレビに出ます 【エコレシピ】保温調理で作る塩... >>