【食い倒れないぞエッセイ】大分の二度泣き

【大分の二度泣き】という言葉があるそうだ。

「大分に引っ越しが決まった人が、『それどこ?聞いたことないよ』と泣き、また引っ越しして行く時に、『良いところだったな。出て行きたくないよ』と二度泣くことですよ」

と、空港に迎えに来てもらって、すぐの車内で教えてもらった。

仕事を終えて、ホテルに戻って今日は1泊。
大分の友人に、

「夕食を一緒にどう?」

と尋ねたけれど、

「そんな急に言われても、無理ですよー」

とあっさり断られてしまった。
初大分の夜をひとりごはんか…と、ミントのハーブティーをしんみり見つめていたら、

「その代わり、美味しいお店に案内するから」

と連れて行かれたのが、大分市内の【梁山泊】

まだ早い時間なので、お店は貸切状態。
カウンターに陣取り、大将とお話ししながら飲むお酒は、

d0339678_12364877.jpg


二階堂。まだ出始めのカボスが、きゅっと香る。

「大分初めてだから、【大分セット】にしてあげてね」

と友人が、ありもしないセットメニューを無理やり注文してくれて、大将はまず、

「お通しはクロメ。刺身も少しずつ、関アジ、関サバ、キビナゴ、タチウオ。背中の部分と腹身の部分に分けておいたよ」

と説明をしながら出してくれたので、それぞれの味わいをしっかり堪能する。

d0339678_12364962.jpg


サクサクっと軽い衣の「とり天」と、しっかり身の締まった刺身の和え物「リュウキュウ」。お酒のアテには、最高。ここで、

d0339678_12364937.jpg


「このお刺身のしょうゆ、少し甘い九州の特有のよね?」

という私の質問に答えて、大将が2種類のしょうゆの味比べと解説をしてくれる。

「時には、関東風の甘くないのでないと嫌という人もいるので、ご自由にお持ち込みどうぞって言ってるんですよ」

うーん、心が広いねぇ。

「鱧の炙り」を食べたらおなかいっぱい。

d0339678_12364902.jpg


でも、「何か野菜を一品…」とお願いしたら、

「じゃあ、『ピーマンの肉詰め』がオススメ。おなかいっぱいでも食べられるから」

え?肉詰めでしょう?見るだけでおなかいっぱいになりそう。食べきれなかったら…と頭の中を肉詰めが堂々巡り。すると、

d0339678_12364975.jpg


え?ええ?
生だし!
肉、詰めてないし!!

「そのそぼろをピーマンにのせて、丸かじりしてください」

シャクッ!

ピーマンの果肉の歯切れの良い音と、口の中に迸る汁気。
苦味も青臭さも全くない、フルーツのような瑞々しさ。

全く重さを感じることなく、あっという間に食べてしまった。

「この時期のピーマンしかできない、旬の味です」

旬のピーマン、ありがとう!!

【大分の二度泣き】が良く分かる、【大分の二度びっくり】の旬の味。
豊かな大分の大地を感じた。


※この「生ピーマンの肉詰め」は、梁山泊のオリジナル料理で、大分の肉詰めが全部これではありません。あしからず。

え?これを全部ひとりで食べたのかって?
いけませんか?
<< 【節電・節水・エコの知恵20】... 講談社 「with」8月号 に... >>