【季節の簡単レシピ】ひな祭りごはん

すし飯で作れば「ひし押し寿司」ですが、こどもによっ
ては酢よりもこういうシンプルな方を好むので。

魚のでんぶを手作りしてみましょう。凝るのはここだけ。
手作りはふわふわで、格別のおいしさですよ。

d0339678_12361011.jpg
    
 
=========================
 今日の一品   
    ひな祭りごはん
                        
=========================
 
1.1ℓの紙パック(牛乳パック)をきれいに洗い、底の
  部分を切り取り、1/3くらいの長さに切っておく

2.塩鮭を小さ目のフライパンに入れ、酒とみりんを入れ
  てフタをして中まで火を通したら、フタを開けてフォ
  ークで細かく全体がふわふわになるまで潰しながら煎
  り上げる

3.小松菜は3等分の長さに切って薄手の鍋に入れ、塩と
  水少々を入れて、フタをして水がなくなるまで強火で
  煮たら粗熱を取って水気をギュッと絞り、細かく刻ん
  で1/2量のごはんに混ぜる

4.皿の上に1.の牛乳パックをひし形にして置き、3.
  の菜飯を端っこまでしっかり入れて上からスプーンな
  どで押し、その上に白いごはん1/2量を重ねてスプーン
  で押し、一番上に2.の鮭のでんぶをのせて、ゆっく
  りとパックから外したら、甘エビなどを飾ります


※ごはんは、やや固めに炊きましょう

※鮭は、ほぐしている間に骨や皮を取り除いておきましょ
 う(フォークに引っかかりますので、簡単に取れます)。

※紙パックはきちんと洗って干してから使ってください。
 できれば、牛乳よりもお茶などのタンパク質ではない中
 身のものが良いと思います。
<< 【一人暮らしで自炊を始める時に... 親子スタイル更新しました >>