【nabelabo】食を心理学とマーケティングから考えるツアーをNYで!

d0339678_12360076.jpg


こんにちは!

もし、飲んでも飲んでも減らないスープがあって、それで

「おなかがいっぱいになったら、止めてください」

と言われたら、自分で自分の満腹度って分かりますか?

実は、そんな実験をしちゃった人がいるのです。

食堂のスープ皿の下に穴をあけて、スープが減ったら自動的に足されてしまう(もちろん、飲んでいる人には分からない)・・・すると、みんな、自分が満腹した時が分からずに、スープを空にしようとして必死で飲み続けてしまう。

また、大きいお皿にのせた肉と小さいお皿にのせた肉。

同じ大きさなのに、満腹度が違う。

そういう「食の心理学」を追求した、コーネル大学のブライアン・ワンシンク先生の特別講義が聞けるツアーがあります。

先生は、本当にチャーミング・ガイ♪

d0339678_12360093.jpg


今回は、そういった心理学の中でも、特に「顧客」に特化したマーケティングのお話しです。

商品をどう売っていくか、その時の消費者の心理とは・・・

さらに今回は、NY郊外のスーパーマーケットを視察して、その工夫や裏側なども事情通の方にお話ししていただきます。

ホテルから航空券、市内のバス移動まで、何の心配もなくパッと出かけられる「食のツアー」。

詳細やお問い合わせは、こちらからどうぞ。

http://nabelabo.jp/ja/news/2013/04/post-2.html#more
<< 【簡単レシピ】鹹豆漿(台湾風豆... 【nabelabo】鍋メニュー... >>