【特集】賞味期限と消費期限の違い

——————————————————————————

     食品ロスと非常食について3

——————————————————————————

食品ロスについての続きです。

食品ロスを減らすためには、まず、「賞味期限を正しく
理解すること」。

賞味期限と消費期限は違います。

「消費期限」がつくのは、比較的短い時間しか保存でき
ないもの。

概ね5日間経過すると、品質が劣化してしまうものに使
い、お弁当や豆腐、生菓子などに多く使われます。

そして賞味期限は、ハム・ソーセージやスナック菓子、
缶詰など冷蔵や常温で保存がきく食品につけられます。

つまり賞味期限とは、「おいしく食べることのできる期
限」ですから、期限をすぎてもすぐに食べられなくなる
訳ではないのです。

                  (次回に続く)


《編集後記》
<< 【簡単レシピ】鶏肉のチリンドロン 【食い倒れない旅日記】またまた... >>