【Food Show Adviser事業】ミラノEXPOへの道

昨年から、日本の食(鍋など)を紹介する事業をやってきました。

日本のヘルシーな食を海外に広めて、世界の生活習慣病予防に少しでも貢献したい。
というのが、私が料理研究家として独立をしてからの夢でありますので、来年イタリアのミラノで開催される国際博覧会が「地球に食料を、生命にエネルギーを」ということで、ちょうどミラノの街に行ってまいりましたので、ミラノ博私設応援団ということでミラノ博についてシリーズでご説明したいと思います。

まずは、この博覧会の開かれるミラノの街について、ちょっとご説明しましょう。

ミラノは、イタリア第2の都市で、おしゃれなファッションの発信地として有名です。
場所ですが、イタリア全体をブーツの形とすると、ちょうど太ももの付け根あたり、北イタリアのロンバルディア州にあたります。

空港は、国内線の発着が多くて市内に近いリナーテ空港(一応国際空港です)と、日本への直行便も出ているマルペンサ空港があります。

d0339678_12352868.jpg


リナーテ空港。ミラノ中央駅まで、バスで50分くらい。
シャトルバスがあり10€なのですが、民間の方がやっている小さなバスもあり、勧誘合戦が繰り広げられています。

電車もありますが、金額的にシャトルバスと一緒ですので、荷物が多い場合や中央駅にまっすぐ行きたい場合は、やはりバスが便利かも。

d0339678_12352805.jpg


また、早速エキスポの看板を見つけました。

d0339678_12352808.jpg


では、次はミラノ市内です。
<< 【Food Show Advi... 【特集】ソーセージはそのまま食... >>