【ワークショップのお知らせ】「食と気候変動の関係」についてWSの講師をします

こんにちは。
来週末に京都でワークショップを行います。
12日がお申込み締切になりますので、ぜひご一考くださいませ。

【何だかおかしい?最近の天気
食育を通して気候変動を伝えるワークショップ】

今年の夏は、全国各地で局地的大雨が降るなど異常気象が多発しました。この影響を受けて野菜価格は高騰するなど、食の分野にも影響がありました。
現在、一般社団法人地球温暖化防止全国ネットでは、NPO 日本食育インストラクター協会と京都府地球温暖化防止活動センターのご協力のもと、気候変動が食に与える影響や対策について「楽しく学べる教材(フリップ等)」の開発を進めております。参加者の皆さんの声を生かし、色々な場面で使える教材を作りたいと思っております。
ワークショップを通して、食育と気候変動について一緒に考えてみませんか?
皆様のご参加をお待ちしております。詳細は下記並びに裏面ご参照願います。

日時:12月20日(土)13:30~16:00
会場: ヤサカ四条烏丸ビル第2 会議室(最寄駅:阪急烏丸駅、地下鉄四条駅)
*最寄駅より徒歩3 分に「錦市場」があります。
募集人数:食育インストラクター、地球温暖化防止活動推進員等 (参加無料)
講師:望月 昌代さん (文部科学省初等中等教育局 教科調査官)
安井 レイコさん(料理研究家、特定非営利活動法人みんなのエコイク推進協会会長)
森 高一さん (大妻女子大学・大正大学 非常勤講師)

プログラム
講座「食と気候変動の関係 ~最新情報~」
気候変動の最新情報(地球温暖化の現状、2100 年のお天気は?)
映像「地球温暖化への適応策」(農業・養鶏・住宅における温暖化への適応策)
気候変動が与える食への影響は? 食からできる地球温暖化対策
話題提供「学校教育における食と環境」 望月昌代さん
食育の場で使える! 気候変動を伝える教材の紹介
ワークショップ:どう伝える?~食育と気候変動~
「買い物をするとき」「食材を選ぶとき」「料理をつくるとき」「食事を食べるとき」
など様々な場面で効果的に気候変動を伝えるには?

主催:一般社団法人地球温暖化防止全国ネット
協力:NPO 日本食育インストラクター協会・京都府地球温暖化防止活動推進センター

【募集内容】
●定 員:30 名 (先着順)
●参加費:無料
●申込方法:1)氏名、2)住所、3)電話番号、4)e-メールアドレスを記載の上、FAX にて、一般
社団法人地球温暖化防止全国ネットへお申し込み下さい。また、メールでのお申込みの際は、
件名に、「食育を通して気候変動を伝えるワークショップ」と記載し、上記1)~4)を記載の上、
お送りください。 FAX:03-5280-8100 e-メール: kouza@jccca.org
●申込期限:12 月12 日(金)
(最寄駅:阪急烏丸駅、地下鉄四条駅)
【問合せ先】 〒101-0054 東京都千代田区神田錦町1-12-3 第一アマイビル4 階
TEL:03-6273-7785 FAX:03-5280-8100 担当 廣瀬、井原
e-メール: kouza@jccca.org ホームページ http://www.jccca.org/

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
FAX 送信表 FAX:03-5280-8100
12月20日(土)食育を通して気候変動を伝えるワークショップ 参加希望
ふりがな
1) 氏名
2) 住所
3) 電話番号
4) e-メールアドレス
<< 【映画評】 Chef シェフ ... 【産業交流展2014f】に出展... >>